【旧約聖書㉛】12人の偵察隊 〜 「全部、モーセのせい!」

スポンサーリンク

12人の偵察隊

カナンの地を目前にしたモーセは、12の偵察部隊を送りこみました。

その後、偵察部隊は40日間みっちり時間を使い、情報と果物を持ち帰りました。

偵察隊によると、カナンは、「乳と蜜が流れる土地」と比喩するほど、肥沃な土地だと言います。その証拠に、偵察隊が持ち帰ってきたブドウは、今まで見たこともないほど、大きいものでした。

ただ、偵察隊が持ち帰ってきたのは、よい情報ばかりではありませんでした。

まずは、カナンに住んでいる民族です。彼らは、背が高く、とても強よそうでした。そして、土地全体は、高い城壁によって囲われていました。

もし争いになったら、勝てる見込みはありませんでした。

勝機なし

民たちは、偵察隊の情報に、「せっかくここまできたのに……」と落胆の声をこぼしました。

しかし、そこに二人に偵察隊が違う意見を言いました。エフライム族のヨシュアと、ユダ族のカレブです。

「確かに、民たちは非常に強そうでした。しかし、私たちには、神様がついております。恐れることはありません」

「戦う前から逃げるなど、神に背くことと同義です」

この言葉に、民たちは一瞬たじろぎます。

ただ一方で、残りの10人は「勝機なし」と考えており、民たちもその意見に同意していました。

そして、民たちは、あらぬ方向へと、考え方をシフトしました。

「そもそも、私たちは、エジプトで奴隷のままでいる方が良かった」

「てか、なんでカナンへ連れきたの?」

「あーもう、モーセの言うことなんて、聞いてらんない」

「そうだ。新しい指導者を選んで、エジプトに帰ろう!」

「それだ。ついでに、ヨシュアとカレブも殺してしまおう!」

民たちの不満は、どんどん膨れ上がってきました。

神の限界

モーセは、またも塞ぎ込んでしまいます。

もう自分にどうすることもできない。

そう思っていました。

すると、目の前に、シャカイナ・グローリーが現れました。

そして神は言いました。

「もう限界です。私は、モーセあなたを除いた民、全員を疫病で殺します」

マジでキレてる神に、モーセは全力で赦しを乞いました。そして、「わかりました」と神は渋々折れ、「でも」と続けます。

「でも、やはり、私の言葉に従わなかった者たちは、みな、この荒野で死んでもらいます。カナンの地に入るのは、彼らの子どもたちです」

おわり

その後は、神に言った通りになりました。

モーセが神の言葉を告げると、反旗を翻そうとした一部の者たちは、血迷ったのか、カナンへと攻め込み、返り討ちに合い死んでしまいました。

そして、それから、40年間。

生き残った民たちは、荒野の中をさまよい続けました。

こうして、第一世代は死に絶え、イスラエル人たちは、新しい世代を迎えたのでした。

ボーナストリビア:多様性という弱点

先日『マジンガーZ』というアニメを見ていたら、こんな言葉がでてきました。

「人類最大の弱点、それは多様性」 「すなわち複数の正義」 「しかし、そんな複雑な価値観を制御できるほど、人類は知的な存在ではない。そして、多様性を処理できない人類は、また人類同士で戦うぞ」

”みんな違って、みんないい”というはあくまで理想論であり、”みんな同じが、一番いい”というのが現実論だと思います。

そして、それが不可能だから、私たち人類は、神や宗教、国家といった「同じもの」を国民たちに持たせように思えます。

皆さんは、どう考えますか?

知識神話
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました