【旧約聖書㊲】神の将軍 〜 「これから6日間、一日1周ずつ周るのです」

スポンサーリンク

ヨルダン川の増水

翌日、ヨシュアの号令で、イスラエル軍は出発しました。

先頭を歩くのは祭司達。

ヨシュアは、「もし何が起きても、真っ先に神が私たちを守ってくれる」と言いました。

そして案の定、ヨルダン川を渡る時、神は民を助けました。

この時期、ヨルダン川はちょうど増水をしており、とても渡れる状態ではありませんでした。

しかし、先頭を歩く祭司の足が水に触れた途端、水は川上で壁のようになって止まり、川底が現われたのです。

民は「うぉー」と驚きながら、川を渡りました。

この世代、神が海を割ったという話は、親から聞いていました。そして、その神の力を目の当たりにした彼らは、ますます神への信仰を深めていきました。

謎の将軍

エリコの城壁についたイスラエル軍。

当然、城壁は固く閉ざされていました。見るからに、攻めるのは容易ではありません。

そして、ヨシュアがどうするかと、悩んでいると、ある人物がこちらに向かって歩いてきました。

鎧をつけ、剣をもっている。

ヨシュアは不審に思いながらその者を見ていると、その人は言いました。

「わたしは、神の軍の将軍だ」

ヨシュアはその言葉に思わず、ひれ伏します。

すると、将軍はエリコ攻略の作戦をタラタラと述べました。

7周目の奇跡

翌日、ヨシュアは昨日聞いた作戦を戦士たちに伝えました。

「神はいわれました。私たちはすでに勝っていると」

そうコブしたあと、ヨシュアの口から出たのは、奇妙な作戦でした。

「これから6日間、隊列を組み、1日に1周ずつ、町を回るのだ」

軍は素直に従い、祭司たちを先頭に、奇妙な行進を始めました。

声を上げるとことさえせず、ただ黙々と城壁の周りを回り続けたのです。

そして、そんな行進が2日、3日と過ぎた頃、エリコの兵から、だんだんバカにした声が出るようになりました。

「最初は何かと思ったが、ただぐるぐる回ってるだけじゃないか」

「ふ、所詮は噂だったということか」

しかし、7日目。

イスラエル軍の様子は変わりました。

なんとその日は、一周ではなく、7周をしたのです。

そして、周り終えるとヨシュアは言いました。

「声をあげよ!町を、滅ぼすのだ!」

戦士たちが「うぉー」と叫ぶと、なんとエリコの城壁が、バラバラと崩れ出したのです。

右往左往するエリコ軍を無視し、イスラエル軍が真っ先に向かったの、赤い紐が結ばれいる家です。

「あった!あそこだ!」

ラハブが住むその家に2人の斥候を送り、そのあとは一気に町へと攻め入りました。

突然の出来事に何もできないエリコ兵は次々と敗れ、町はみるみる燃えていきました。

おわり

イスラエル軍は、またもや誰1人負傷者を出さずに、エリコを侵略してしまいました。

こうして、ヨシュアたちはカナンの地へと、また一つコマを進めたのでした。

ボーナストリビア:エリコの呪い

また、エリコの物語は、続きがあります。

エリコを侵略し終わると、ヨシュアは言いました。

「今後、この街を再現しようとする者は呪われる」

「土台を据えようとする者は長子を失い、門を建てようとする者は、末子を失う」

そして、この宣言から数百年後のこととです。

この言い伝えを破る人物が現れました。

名を「ヒエル」と言います。

ヒエルは、エリコを再建しようと、土台を据え、門を建てようとしたのです。

そして、案の定、長子も末子も失うことになりました。

(参考)

こども聖書 | 鈴木 秀子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで鈴木 秀子のこども聖書。アマゾンならポイント還元本が多数。鈴木 秀子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またこども聖書もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
文庫 声に出して読みたい旧約聖書 (草思社文庫) | 齋藤 孝 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで齋藤 孝の文庫 声に出して読みたい旧約聖書 (草思社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。齋藤 孝作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また文庫 声に出して読みたい旧約聖書 (草思社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
この一冊で「聖書」がわかる!: 旧約、新約のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教まで (知的生きかた文庫) | 白取 春彦 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで白取 春彦のこの一冊で「聖書」がわかる!: 旧約、新約のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教まで (知的生きかた文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。白取 春彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またこの一冊で「聖書」がわかる!: 旧約、新約のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イ……もっと読む
知識神話
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました