コンテンツへスキップ

【Python】数と関数を使ってみよう!

    Pythonには、様々な数学関数が用意されています。以下は、その一例です。

    小数の表記

    小数点以下が「.0」の場合でも、整数と同様に表記することができます。

    print(.6)
    
    

    割り算の商と余り

    割り算の商を求める場合は、「//」を用います。

    print(17 // 3) # 5
    
    

    割り算の余りを求める場合は、「%」を用います。

    print(17 % 3) # 2
    
    

    べき乗の計算

    べき乗を計算する場合は、「**」を用います。

    print(2 ** 3) # 8
    
    

    小数の桁数を丸める

    小数を丸める場合は、以下のようにします。

    pie = 3.141592653589793
    rounded_pie = round(pie, 2)
    print(rounded_pie) # 3.14
    
    

    数学関数の使い方

    数学関数を使う場合は、mathモジュールを使います。以下のように、importを使ってmathモジュールを読み込みます。

    import math
    
    

    平方根の計算

    平方根を計算する場合は、math.sqrtを使います。以下は、25の平方根を求める例です。

    result = math.sqrt(25)
    print(result) # 5.0
    
    

    mathモジュールの使い方

    mathモジュールには、様々な数学関数が用意されています。help関数を使うことで、どのような関数があるかを確認することができます。以下は、mathモジュールの使い方を確認する例です。

    print(help(math))
    
    

    上記のコードを実行すると、mathモジュールの関数一覧が表示されます。表示された一覧を確認する際には、qを押すことでターミナル上に戻ることができます。

    以上が、Pythonの数学関数の使い方についての説明です。是非、実際にコードを書いて試してみてください!

    三角関数の使い方

    三角関数を使う場合は、以下のようにします。

    import math
    
    # ラジアンで角度を指定する場合
    result_sin = math.sin(math.pi / 2)
    print(result_sin) # 1.0
    
    # 度で角度を指定する場合
    angle_degrees = 90
    angle_radians = math.radians(angle_degrees)
    result_cos = math.cos(angle_radians)
    print(result_cos) # 6.123233
    
    ### 三角関数の使い方
    
    三角関数を使う場合は、以下のようにします。
    
    ```python
    import math
    
    # ラジアンで角度を指定する場合
    result_sin = math.sin(math.pi / 2)
    print(result_sin) # 1.0
    
    # 度で角度を指定する場合
    angle_degrees = 90
    angle_radians = math.radians(angle_degrees)
    result_cos = math.cos(angle_radians)
    print(result_cos) # 6.123233995736766e-17
    
    

    上記の例では、math.sinを使って正弦関数の値を求め、math.cosを使って余弦関数の値を求めています。また、角度の単位としては、ラジアンと度の2つがあります。ラジアンで角度を指定する場合は、math.piを使います。度で角度を指定する場合は、math.radiansを使って度数をラジアンに変換してから計算します。

    以上が、Pythonで三角関数を使う方法です。是非、実際にコードを書いて試してみてください!