オルタナティブ投資

スポンサーリンク

本日の名言

経験は、経験に対する欲望のように消えることはない。私たちは経験を積む間は、自らを探究しよう。

——フリードリヒ・ニーチェより

どうもAichiRoです。
いつもお疲れ様です。

本日は「オルタナティブ投資」について学習していこうと思います。

本日のポイント
1リターンを全力で追求する投資
2「ヘッジファンド」と「プライベートエクイティ」などがある

ご存じない方も多いのではないかと思います。

ですが「ヘッジファンド」という言葉はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。ヘッジファンドはオルタナティブ投資の一種です。

以下で詳しく見ていきましょう。

オルタナティブ投資とは

まず英語のAlternatveは「代替・代わり」という言った意味の言葉です。

オルタナティブ投資とは、代表的な投資の「代替的な投資」という意味です。

ここでいう代表的な投資とは、

●株や債券に投資
●キャピタルゲイン(売却益)とインカムゲイン(保有期間中にもらえる利益)を狙う
●買いと売りのポジションの組み合わせる

このような伝統的な投資の、代替的な投資のことを、オルタナティブ投資と言います。

ただ不動産投資や商品先物のような投資もオルタナティブ投資に含まれます。

それでは具体的に「オルタナティブ投資とはなんなのか?」について見ていきましょう。

まず大きく2つの投資形態に分かれます。「プライベートエクイティ」「ヘッジファンドです。

「プライベートエクイティ」
このプライベートエクイティもさらに2つのグループに分けられます。

▶︎『ベンチャーキャピタル』
これから成長する可能性のある企業(ベンチャー企業など)に資金を提供し、企業成長をサポートしながら、リターンを得ようとするもの。

これは投資先の企業が成長するば、大きなリターンを望める。
一方で、逆に衰退した場合などは大きなリスクを負うことになります。

そのため、通常、複数の企業に分散投資する形態をとります。
そうすることで、リスクをコントロールしながら、リターンを得ることができるのです。

▶︎『再生系ファンド』

経営がうまくいっていない企業に資金や人材等の経営資源を投入し、企業の立て直しを支援しながら、投資資金を回収することでリターンを狙うやり方。

注意点
●投資期間が数年から数十年
●個人投資家向けの小口商品は、ほとんど提供されていない

次に取り上げる、ヘッジファンドもそうですが、比較的資産の大きな人を対象とした投資商品だと言えるでしょう。

「ヘッジファンド」

このヘッジファンドもさらに2つのグループに分けられます。

『市場方向型』

市場の方向性に基づき判断し、収益を目指す。

『市場中立型』

市場の動きにリスクを取らず、市場間に生じた歪みを利用し収益を目指す。

一般的にヘッジファンドと聞くと「ハイリスク・ハイリターン」の投資と思われがちですが、これはヘッジファンドの中の「市場方向型」のことを指して言います。

その一方で、市場の動きにリスクを取らないで、リターンを追求する投資方法もヘッジファンドにはあるのです。

ただここでもデメリットがある。
このヘッジファンドが誰にでも投資できるファンドではないということです。

●どんなに少なくても10万ドルからスタート
●大きく情報が開示されている訳ではなく、一部の人しか知らない場合もある

オルタナティブ投資は、今まで投資信託や株式とは異なり、小口の取引が難しく、とても大きな資金や情報を必要とします。

ただ、だからと言って、何も知らないよりも知っている方が断然いいです。

将来、自分がオルタナティブ投資をするときにことを考えて読み進めていただけると幸いです。

ヘッジファンドの主な運用手法

『ロング・ショート戦略』

株式の個別銘柄を分析し

の場合  →  ロング(買い)・ポジション
の場合  →  ショート(売り)・ポジション

に分類し、組入銘柄を決める戦略。

通常の買いだけの投資よりも高いリターンを得られる。

『マクロ戦略』

経済のファンダメンタルズや市場間の価格差に着目し、調査に基づいた将来の予想に沿って、

割高 →  資産を売却 

割安 →  資産を購入 する手法

『マーケットニュートラル戦略』

市場全体で発生する変動から、ポートフォリオを中立させ、個別銘柄の要因などの特定リスクだけからリターンを狙う手法。

『アービトラージ戦略』

債券・CR(転換社債)・金利スワップ・金利オプションなどの商品から、割安や割高を発見し、投資する手法。

CR
Convertible Bond の略。日本語で「転換社債」(正式には「転換社債型株予約権付社債」という)。これは社債に「新株予約権」が付されて発行されるものです。

「新型予約権」は株式を一定の条件で習得するための条件です。
「新型予約権」を使うことで、発行時に決められた社債を株式に転換できます。

ただこれは一度使うと、社債に再び戻すことはできず、また「新型予約権」を分離譲渡することはできません。

普通社債(SB Straight Bond)
「転換社債」とは対照的に、株式に転換できない一般的な社債のこと。

金利スワップ
同じ種類の通貨で、異なる種類の金利(固定金利や変動金利)を取引の当事者間で交換(スワップ)する取引。

デリバティブ投資
上記のような株や債券、金利などの金融商品から派生した取引のこと

まとめ

上記のような様々手法を用いて、絶対的なリターンを狙うのがオルタナティブ投資です。有望な投資対象にアクセルできる能力が身につき、そのファンドがもっている優位性を理解できるようになったら投資してみるのもいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました