[仮想通貨] ビットコインは「コイン」ではない —— 仮想通貨は「帳簿」がお金になっている

スポンサーリンク

ビットコインと言われると、それは「コイン」、つまり現金であるかのような感覚に陥ります。

ですが、そうではありません。

仮想通貨の価値媒体は、「デジタルデータ」です。

現金の場合、100円玉の「コイン」には、100円の価値があります。

それが仮想通貨の場合は、

「AさんからBさんに、100円分のビットコインが渡ったので、Bさんは別の人に100円分のビットコインを渡す権利がある」

という形になるのです。

言ってみれば、「帳簿」です。

仮想通貨の世界では、上記のように、取引の帳簿を「コイン」と名付けて、やり取りしているのです。

また、データであるために、外部からの改ざんの危険性も十分にあります。

そこで、仮想通貨は、データを暗号化し、相手にバレないようにする仕組みにもなっています。

仮想通貨が「暗号資産」なんて呼ばれ方をするのも、このためです。

お金
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました