[漫画の一言]『ブルーピリオド』Part7 —— 通過点もゴールも”生きる場所”じゃない 何も失わないし 何も得られない

スポンサーリンク

『ブルーピリオド』シリーズ第六弾です。

矢口八虎が芸大に合格し、その後の大学生活が描かれています。

7巻の名シーン

藝大に合格したとき
正直どうしていいか分からなかった
その感情は日に日に大きくなって

俺は毎日手を動かした

手を動かしている間だけは余計なことを考えなくてよかったから

——矢口八虎

大学受験を通過点と捉えるか
目標地点と捉えるかは
能力の差じゃなくてー

思い入れの差なのよねー

——花影真里亞

でも通過点はちょっと勿体ないかな
通過点もゴールも
”生きる場所”じゃないからさ〜

何も失わないし
何も得られないってこと

——花陰真里亞

大学でしかできない経験は必ずあるんだよ

大事なんのはそこで何を感じて
何をやるのかってことじゃないかな〜

全ては自分のために

——花陰真里亞

自由な時間が多い…
もとい
時間の使い方を任されているんですよ

4年間
制作するのか
遊ぶのか
勉強するのか

——櫻井先生

気にするな
気にするな

時間はまだある

——矢口八虎

幸福度の比較なんか意味ないよ
人の痛みなんか
想像でしかないんだから

——桑名マキ

予備校の一位とると
その年は受からないってジンクス覚えてる?

…あれってさ要は
その時の絵から帰るのが怖くなっちゃうってことなんだよね

——桑名マキナ

でもさ
落ちてよかった
なんて死んでも思わないけど

ちょっとだけ
ちょっとだけ落ちて安心したんだよね

維持する努力を続けてたら
報われるって幻想がぶっ壊れて

——桑名マキナ

評価を裏切っちゃいけないとか
思わないでね

ほんとに自分を許せんのって
マジで自分だけじゃん

——桑名マキナ

人のことなんか気にすんな
なんて言えないけど

ほんとは何だってやっていいはずなんだよね

自分の人生
自分のもんなんだから

——矢口八虎

目的のない勉強って
結局あんま身になんないし…

だから
今は立ち止まって
いろんなことして
いろんなもんに心動かす方がいいかなって

ちょー遠回りかもだけどね

——矢口八虎

なんども同じ間違いをするかもしんない

他の人より遅いかもしんない

でも
心を殺さないことを大事に過ごそう

——矢口八虎

おわり

批評家たち——彼らは殺人鬼である。

イギリスの詩人・コールリッジの言葉です。

この第7巻では、まさにそうだな、と感じました。

彼らは、自分の言いたいことを言い、そして言えば満足し、すぐに忘れてしまう。

まるで腹が膨れればそれでいい、獣と同じです。


だからこそ、我々は断固とした心を持つことが何よりも重要であると感じました。

タイトルとURLをコピーしました