【習慣】習慣がアイデンティティを形成し、アイデンティティが人生を形成する!

スポンサーリンク

習慣を変えることが難しい理由は、2つあります。

1つは、変えようとするものが間違っている点です。

もう1つは習慣を変えるための方法が間違っている点です。

今回は、前者の「変えようとするものが間違っている点」について扱います。

変化が起こる3つの段階

行動変化には、「結果」「プロセス」「アイデンティティ」の3層があります。

第1層は「結果の変化」です。

設定する目標のほとんどが、この層に含まれます。

第2層は、「プロセスの変化」。

新しいルーティンを編み出したり、机をきれいにしたり、やり方を変えるなどが、この層です。

第3層は、「アイデンティティの変化」。

この段階は、信念の変化に関係しており、最も重要な変化です。

改善を始めようとするとき

「結果」は獲得するもの、「プロセス」は行うこと、「アインデンティティ」は信じていること。

習慣を変える時、大抵、何を達成したいか、つまり「結果」をベースにします。

一方、「アイデンティティ」をベースに習慣を変える、という方法もあります。

この方法は、「どんな人になりたいか」にフォーカスする考え方です。

「アイデンティティ」からつくる習慣

あらゆる行動は、その人の「信念」に基づいています。

「遅刻しても平気な顔をしている人」(俺は夜型!) 「決して家から出ようとしない人」(俺はフリーランス!) 「周り右に行ったら左にいきたがる人」(俺は皆と違うことを!)

このどれも、「自分の信念」、「アイデンティティ」をベースにとる行動です。

そのため、本当の行動変化とは、「アイデンティティ(信念)」を変えることにあるのです。

やる気によって行動は、変化するかもしれません。しかし、習慣を続けられるのは「アイデンティティ」の一部になったときだけなのです。

ですので、目標を設定するときは以下のように考えます。

●「読書習慣」→読書家になる ●「毎日運動」→スポーツマンになる ●「記事執筆」→作家になる

このように、アイデンティティを目標にすることで、一時的な改善が、自分の人となりの一部となる。

「アイデンティティ」は諸刃の剣

行動は、アイデンティティの反映です。

それが意識的でも、無意識でも、自分はこういう人間であるということを暗に示しているのです。

そのため、以下のような事柄も考えられます。

「方向音痴」「音痴」「朝は無理」「コミュ障」「数学はむり」

このように、マイナスのアイデンティティを持つこともあるのです。

そして、このようなアイデンティティは、私たちに悪影響を及ぼします。

またさらに、一度、身につけてしまったアイデンティティを変えることは、非常に困難なのです。

アイデンティティを変える2段階!

では、アイデンティティを変えるには、どうすれば良いのでしょうか。

それは、次の2スッテプを踏むことです。

一つ目は「どんな人間にないたいか」を決めます。

自分の主義主張、価値観、何を支持するか、どんな人間になりたいか。とにかく、なんでもいい。

とにかく、なりたい自分を思い浮かべる。

例えば、ここでは「作家になりたい」と決めたとします。

そして二つ目は、「そこから、逆算する」です。

欲しい成果はなんだ?  その成果が得られている、具体的に人物は?

村上春樹さんはどうやって1日を過ごしているだろうか?

『嫌われる勇気』を書かれた古賀さんは、どうやって執筆しているのか?

このように、「なりたい自分」に疑問を投げ続けることで、自然と、それが自分のアイデンティティの一つになるのです。

おわり

「アイデンティティ」を習慣のベースにするメリットとして、もう一つ挙げられるのは、「ブレない」という点です。

「毎日走る」という目標より、「ランナーになる」という目標の方が、ブレない、芯みたいなものが見えてるはずです。

「毎日走る」という目標は、台風やパンデミックが来たら頓挫してしまいます。

しかし、「ランナーになる」という目標を立てれば、そのとき、その状況に柔軟に対応した行動を取ることができるはずです。

「何が欲しいか」ではなく、「どうなりたいか」でもなく、「どのような人になりたいか」。

あなたはどんな人になりたいですか?

おまけ雑学:アイデンティティの語源

「アイデンティティ」という言葉はもともと、二つのラテン語を合体した言葉でした。

一つは、「エッセンティータス」という、「存在」を意味する言葉です。

もう一つは、「イーデンティーディム」という、「繰り返し」を意味する言葉。

つまり、「アイデンティティ」とは、「繰りかえす存在」という意味なのです。

ということは、「アイデンティティ」は「習慣」とも言い換えることができますね。

ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣
潜在能力を発揮するために 本書は学術研究論文ではなく、実践マニュアルである。...
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました