【組織】『ティール組織 マネイジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』——時は今、ティール組織へと移り変わっている!

スポンサーリンク

組織とは

ひとえに、「組織」といっても色々な形があります。

部活動みたいな組織もあれば、軍隊みたいな組織、社長はお飾りな組織もあれば、社長の一党独裁な組織もあります。

本書では、このような組織たちを、5つの組織に分類しました。

まずは、この5つを紹介します。

5つの組織

まず「レッド組織」です。

これは動物の群れ、例えば『猿の惑星』のような力の支配による組織です。階層や役職がなく、短期的な思考で、暴力的である傾向があります。

続いては、「アンバー組織」です。

これは、いわば「軍隊」のような組織です。秩序とヒエラルキーが絶対で、正式なルールのもと活動します。

そしてこのような、ヒエラルキーを取っ払い、実力主義の組織が「オレンジ組織」。

アメとムチで組織を活気立たせ、予測と統制によって、運営された組織です。

ただ、このような組織は、実力によって不平等や格差がどんどんと広がって行きます。

そこで、登場するのが「グリーン組織」です。

自由と平等をうたい、「個の尊重」や「多様性」に重点をおいた組織です。

そして最後、組織は、個人の能力や多様性にフォーカスし、目的や共鳴を重視する、新たな段階「ティール組織」へと移り変わってます。

ティール組織の3条件

ここでは、「ティース組織」を生み出すために必要な三つの条件について紹介します。

まずは「自主経営」についてです。

大抵の組織は、上司や先生の指示を受け、それによって行う労働を仕事としてきました。

一方、ティール組織は違います。

自ら課題を設定し、適切な人と連携し、意思決定をする必要があるのです。

次は、「全体性」です。

これまでの組織では、読まなくても良い「空気」を読むことが当たり前とされてきました。

例えば、誰かのプレゼンの終了後、「質問はありますか?」と聞かれたら誰も挙手をしません。にもかかわらず、プレゼン終了後に、そのプレゼンターに行列を作って、個別に質問しに行ったりします。

しかし、ティール組織は、自分の内面や感情を前面に出し、自分らしく行動することが重要です。

そして最後は、「存在目的」です。

「競争に勝つことが最も重要」

その考えをまず捨てることが重要です。

他の組織と同じレールの上で競争をしていたら、いつまでたってもその競争から抜け出せず、一生全力疾走しなくてはなりません。

しかし、それは運によるところが大きいです。

ある時には勝ち、またある時には負ける。

そんなことの繰り返しです。

そうならないために、自分たちで新しいレールを敷くしかありません。

そもそも、「競争」という概念から抜け出すのです。

自分達の組織は、何のために存在し、何にコミットすべきなのか。

そんなことを競って考えるべきなのです。

おわり

組織の意識は、リーダーの意識レベルを絶対に超えられません。

口では「甲子園を目指す」といっている高校があっても、もし監督やキャプテン、エースが「そんなことは無理に決まっている」と意識の中で思っていたら、組織の意識も、甲子園に向くはずがありません。

多くの組織は、「オレンジ組織」もしくは「アンバー組織」のどちらかです。

そのため、その組織のレベルや動きは全て、リーダーによって左右されます。

しかし、それでは組織である意味がありません。

それぞれのメンバーが、自分なりの意見を出しやすくする。

そんな環境作りが何よりも重要なのではないでしょうか。

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

ボーナストリビア:「スイス銀行」はウソ!

組織といえば、犯罪組織もまた、日本の企業と同様「オレンジ組織」の形態をとっている。

誰かリーダーが次の星を決め、そこを強襲する。成功したら部下にたんまりご褒美を与え、失敗したら全責任を下っ端になすりつける。

と、そんな犯罪組織ですが……

そういえば、海外の映画やドラマなんかではよく、汚いお金の隠し場所として「スイス銀行」が登場しますね。

ブラックマネーだけでなく、世界レベルの富豪が隠し口座を持ってたり。

そんな、庶民にとって花園でもあるスイス銀行。

預けられるものなら一度は預けてみたいと思うのが、人情なのではないでしょうか。

だがしかし、残念ながらそれはかなわぬ夢なのです。

というのも、「スイス銀行」という銀行事体、この世に存在しないからです。

実は「スイス銀行」というのは、一つの巨大な銀行のことではありません。

スイスにある約 60あまりの大小の銀行の総称なのです。

ですか確かに、第二次世界大戦以降、「顧客の秘密は何があっても絶対厳守」というスイスの銀行の噂が広まり、世界中のブラックマネーがスイスに集まってきたのは事実です。

それで、世界に「スイス銀行」の名が一気に広まってしまったわけです。

ただ、現在は、組織犯罪に関するお金に関しては、必要があれば情報を公開することになっています。

さらば「スイス銀行」!

投資
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました