【歴史】『銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎』——「環境」が人を強くする!

スポンサーリンク

「銃・病原菌・鉄」は関係ない!

「白人は多くのものを発達させ、ニューギニアに持ち込んだのに、私たちニューギニア人は、自分のものと言えるものがないんですか?」

そんな疑問から始まったのが、本書です。

なぜヨーロッパが、他大陸を征服できたのでしょうか。

違いはなんだったのでしょうか。指揮官でしょうか? それとも馬? それとも船? 宗教? 銃や病原菌、鉄?

このどれも正解ではあります。

しかし、最も根本的な理由があります

それは「環境」です。

「ユーラシア大陸」自体が最強だった!

西欧人が特別、身体能力が高く、頭が良く、優れていたわけではありません。

もっと根本的に、ユーラシア大陸に生まれたこと自体が、要因だったのです。

ユーラシア大陸は他の大陸に比べ、東西に伸びる形の大陸となっています。

そのため、人や動物など、あらゆる種の広がりが容易になります。

良い馬は騎馬となり、また、家畜として、農業などにも重要な役割を果たします。

さらに、たくさん食料ができれば、貯蓄などで安住化が進み、同時に階層社会が形成される。そうなると、政治や文字、船、銃や疫病、鉄などとどんどん派生し広がっていく。

このような環境要因によって、西欧人を西欧人たらしめたのです。

「南北」より「東西」が良い理由

ただ大陸の広がりがこのような大きな要因となるなら、別にユーラシア大陸だけではないと思われるかもしれません。

例えば、南北が大きくつながったアメリカ大陸も、同様な体を成していてもいいのではないでしょうか。

しかし、これも違うのです。

広がりが「南北」ではなく「東西」である、という点に大きな意味があるのです。

なぜなら、「緯度」が全然違うからです。

緯度が同じ場所は、一日の長さや、季節の変化、それから風土病や植物の形態まで似通っています。

一方、緯度が異なると、それらの条件がすべてバラバラになってしまいます。

そのため、農業でも文化でもなんでも、伝達に遅れが生じたり、そもそも伝達がなされなかったりするのです。

おわり

環境がすべてを決める」というのが、今回の結論です。

これは、日常生活でも同じことが言えるのではないでしょうか。

強い環境にいけば強くなり、弱い環境にいけば弱くなる。

また、やらざるを得ない環境、後ろにすぐに死神が迫っている環境に置かれれば、誰でも覚醒するはずです。

環境がその人を作る。

とても学ぶことが多い一冊でした!

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
なぜ人類は五つの大陸で異なる発展をとげたのか。分子生物学から言語学に至るまでの最新の知見を編み上げて人類史の壮大な謎に挑む。ピュリッツァー賞受賞作。

ボーナストリビア:日本は左! イギリスは右!

銃や刀などの名残として広がった文化は、今も我々の日常に溶け込んでいます。

例えば、車や自転車。

欧米が右側通行なのに対し、日本は左側通行です。

ハンドルも欧米と日本とで、左右が逆に設置されています。

このような違いは、銃や刀といった昔の武器の違いが、大きな影響を及ぼしています。

お金をたくさん持っている人が上級国民と考えられる現在と違い、日本はかつて「士農工商」、つまり武士が最も偉いとされていました。

そんな帯刀した武士が歩くとき、互いの刀がぶつからないようにしなくてはなりません。

刀は通常、左側にさします。ので、ある時も互いに、左側を通っていたというわけです。

これは、また、いざという時に、刀を抜きやすいように、という配慮もありました。

(※武士だけでなく、庶民も、旅行中などの時には、追いはぎや山賊対策に、「道中差し」と呼ばれる短剣を持つことを許されていました)

同じ理由で、中世ヨーロッパでも、最初は、左側通行が当たり前でした。

しかし、銃の誕生とともに事情は変わっていきます。

銃の場合は、抜きやすい利き手側、つまり右側を歩いた方が安全となったわけです。

特にアメリカの場合は、歴史の始まりとともに銃が存在していたために右側通行でした。

住むところ環境は違えど、通行の左右が武器に関係しているのは、面白いですね!

スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました