【マーケティング】『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』——ジョブを見抜くべし!

スポンサーリンク

モノではなく本質を!

特定の商品に対し、売上を伸ばそうと考えた時、私たちは、2つのレンズでそれを捉えます。

一つは、「プロダクトのレンズ」です。

これは、商品自体に目がいき、この商品をより良くするためには、どうしようとばかり考えてしまうことです。

「サイズを大きくすべきか?」 「ラインナップを増やすべきか?」 「価格を低く設定すべきなのか?」

こんな考えに囚われるのが、「プロダクトのレンズ」です。

そしてもう一つが、「ジョブのレンズ」です。

このレンズは、その商品の本質を見抜きます。

つまり、「この商品は誰のどんなジョブを片付けるためにあるのか?」を考えるのです。

ジョブを見抜くには?

では、「ジョブのレンズ」を持つためにはどうすれば良いのでしょうか。

それは、未来と現在の引き算を考えてみることです!

そもそも、人々の「ジョブ(ニーズ)」は「望ましい状況」と「現状」との間に発生します。

ので、私たちが日常生活で、不便だと感じていたり、こうして欲しいと思っていることを、現状と比較することで、どんどんと「ジョブ」を見抜くことができるのです。

おわり

「成功する組織はジョブを中心に築かれる」

多くの企業は、この「ジョブを見抜く」という行為を非常に不得意としています。

例えば、日本のテレビリモコン。

ボタンが多すぎると思いませんか?

使ったことがないボタンが多いのではないでしょうか?

一方、FireTVstickやAppleTVのリモコンを見てください。

ボタンが非常に少なく、コンパクトであることがわかると思います。

これは「リモコンを少なくし、快適かつ、簡単に操作できる」というジョブを叶えています。

にもかかわらず、日本の企業は、今でも会議の議題で上がるのは、「どんなボタンを増やすべきか?」ということだという話を、私は、大学の講義で聞きました。

ジョブを見つめ続ける!

これが最も重要なことなのです。

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション) | クレイトン・M・クリステンセン, 依田光江, タディ・ホール, カレン・ディロン, デイビッド・S・ダンカン | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonでクレイトン・M・クリステンセン, 依田光江, タディ・ホール, カレン・ディロン, デイビッド・S・ダンカンのジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、……もっと読む

ボーナストリビア:「コツをつかむ」の「コツ」とは?

「コツをつかむ」という言葉を、私たちはよく使います。

ただ、この「コツ」という言葉の意味を、ほとんどの人は知らないのではないでしょうか?

「コツ」は、漢字で書くこと「骨」になります。

つまり、「コツ」の語源は、読んで字のごとくホネのことなのです。

「骨」は、体を支える大事な部分で、人間にとってなくてはならない存在です。

このことから、「骨」という字は人間の本質的なもの、中心的なものだとみなされるようになりました。

そして、これが転じて、「骨 =勘所」という意味で使われるようになったのです。

こうして、「コツをつかむ」という言葉が、「物事の芯をつかむ」「本質を会得する」という意味で使われるようになったのです。

スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました