【ミラーニューロン】人間の脳は真似をするようにできている!

スポンサーリンク

「学ぶ」の語源は「真似ぶ」とは、よく言います。

これは真実です。

あなたは他人の鏡

脳は、他人の行動を見ただけで、自分もその行動をしている時と同じような状態になります。

目の前であくびをされると、自分も釣られてあくびをします。
笑っている人を見ると、自分も明るい気持ちになります。
感動映画を見るともらい泣きをしたり、グルメ番組を見るとよだれが出たりします。

なぜなら、脳では、実際に行動するときと同じ部位が活動しているからです。

これは、「ミラーニューロン」という神経群が関係しています。

「ミラーニューロン」は、1992年にサルの脳に存在が発見され、その後、ヒトにも同様の細胞があることがわかりました。

この活動により、人は自分でも気づかぬうちに他人と似てしまうのです。

5人の法則

アメリカの起業家・コンサルタントとして活動し、31歳で億万長者となったジム・ローン氏は

「あなたは、最も一緒に過ごす時間の長い5人の友達の平均になる(You are the average of the five People you spend the most time with.)」

という言葉を残しています。

通称「5人の法則」です。

実際によく付き合う5人を紙に書き出してみると、「お〜確かに!」となるはずです。

「類は友を呼ぶ」「牛は牛連れ、馬は馬連れ」というわけです。

もちろん、これは科学的にどうこうというわけではなく、1人の人間が遺した言葉で、考えです。

ですが、「ミラーニューロン」のことも考えると、あながち間違えと決めつけることもできません。

他人を真似することは赤ちゃんの頃から、本能として備わっていることです。

ですので、子供は親に似るし、自分は友達に似る。

それに、人は気の合う者を好むといった事柄も考えれば、「5人の法則」はかなり的を射た考え方と言えます。



みなさんもぜひ、自分にとって最も親しいベスト5を書き出してみてください。

今のあなたは、その5人の平均を写す鏡であるはずです!



雑学
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました