【シンメトリー】美女と美男は顔が左右対称かどうかにある!

スポンサーリンク

人はシンプルであることを好みます。

iPhoneも、パソコンも、サイトのUI、もシンプルであることこそが、何より美しいと。

美人=左右対称

一般的に美人と言われる人の顔は左右対称であることが多いと言われます。

では、なぜ左右対称の顔が美しいと感じるのでしょうか?

その人が健康であり、良い生活し、良い性格であることが顔に表れているから、結果、左右対称であることに美しさを感じる、と思われがちです。

しかし、それは違います。

原因は脳にあります。



脳は楽をしたがる

人が左右対称なもの、シンメトリーを好むのは、そこに安らぎを感じるからです。

これは脳の「認知負荷」の問題です。

脳は負荷を下げようと、楽をしたがります。

左右対称のものは、楽に認知することでき、結果、ついついそう言ったタイプの顔を好むようになってしまうのです。

では、なぜ脳は楽をしたがるのでしょう。

それは、脳がものすごく燃費が悪いからです。

人間の脳は、何かを考えたり、認知したりするだけで膨大なカロリーを使います。

他の動物の場合、脳は体の相当な重量を占めています。

一方、人間の脳は、全体体重の3%ほどしかありません。

しかし、この3%の重量で、カロリーや酸素といった体の栄養の4分の1を消費してしまいます。

そんな脳だからこそ、人はなるべく楽な道を選んでしまうのです。

美人に目がいってしまうのは、見ていると安らぐから。
ギャンブルで赤の次に黒を賭けたくなるのは、その方がシンメトリーだから。

赤の次には、きっと黒がくる。

そう思い込みたいのです。

これから何かを決断し行動する時、その決断が、果たして本当に正しいのか、それとも、ただ楽なものに惹かれてしまっているのではないか。

もう一度考えるきっかけになれれば幸いです!


(参考文献)

脳のブレーキとアクセルの取扱説明書: 脳科学と行動経済学が導く「上品」な成功戦略
Amazonで中野信子, 真壁昭夫の脳のブレーキとアクセルの取扱説明書: 脳科学と行動経済学が導く「上品」な成功戦略。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
知識
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました