【ゲーム】頭を賢くする4つのゲーム

スポンサーリンク

前回の記事に続き今回は、頭をよくする「4つのゲーム」を紹介します。

※ヘブライ大学とベングリオン大学の研究

宇宙人遭遇ゲーム

一つ目は「宇宙人遭遇ゲーム」です。

言葉の通じない宇宙人が目の前に現れた時、どうやってお題を伝えるかというゲームです。

いわゆる、ジェスチャーゲームです。

宇宙人役と人間役を設定し、ボディーランゲージで宇宙人役にお題を伝えます。

どうすれば相手につたわるかを思いついたままに判断することで、直感力が鍛えられるわけです。

ありえない出来事ゲーム

二つ目は「ありえない出来事ゲーム」です。

ありえない出来事を想定し、そうなった時のメリットとデメリットを考えるゲームです。

例えば、「翌朝、髪の毛が100センチ伸びたとして、その時のメリットとデメリットを考えてください」といった感じです。

「『ラプンチェル』の実写化に応募できる」や「髪を洗うのがめんどくさすぎる」などと考えていくわけです。

ありえない状況が、あなたの発想の幅を広げてくれます!

タイトルリストゲーム

まず紙とペンを用意しましょう。

それから目を瞑り、適当に絵を書いていきましょう。

いい感じに描けたと思ったら、目を開け、思いついたまま、タイトルをつけましょう。

これは、別に自分で書いた絵に限らず、周りにある未知の物体であればなんでもOKです!

代用品発見ゲーム

身の回りにあるアイテムを手に取り、それの今までとは違う使い方を考えてみるゲームです。

例えば、トイレットペーパーの芯。

本来は、「ゴミ箱に捨てる(?)」か「夏休みの自由研究に使う」以外に用途がないトイレットペーパー。

ですが、「30個集めてメルカリで売る」や「棚にする」「トイレットペーパーの芯でビジネスを始める」などと、色々なアイディアをどんどん上げていきます。

たくさん挙げられた人が勝者です。

みなさんもぜひ、今回あげた4つのゲームをして、直感力とを鍛えてください!


(参考文献)

「好き」を「お金」に変える心理学 (PHP文庫) | メンタリストDaiGo | 自己啓発 | Kindleストア | Amazon
AmazonでメンタリストDaiGoの「好き」を「お金」に変える心理学 (PHP文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。



知識投資
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました