仮想通貨

スポンサーリンク

本日の名言

昨日は過去のこと。
明日は未知のもの。
今日は贈り物(プレゼント)。
だから「現在」(present)のことを「プレゼント」と呼ぶのです。
エレノア・ルーズベルトより

どうも、AichiRoです。
いつもありがとうございます。

本日は新しいコーナーとして、「一息、お金の学習」をやっていきたいと思います。

専門用語をなるべく使わず、より簡単にお金について学べるコンテンツを発信していきます。

これからもよろしくお願いします。

仮想通貨

され本日は第一回ということで、「仮想通貨」についてやっていきたいと思います。

皆さん、仮想通貨始められてますか?

イーロンマスクがどうのこうの、ニュースでは騒がれているけど、自分には関係ないと、知らんぷりしている人も多数いるのではないかと思います。

そこで今回は仮想通貨について、軽く学んでいきたいと思います。

まず皆さん、仮想通貨がどのくらいの種類あるかご存知ですか?
「え、ビットコインだけじゃないの?」と、心の中で叫んだ方も多いんではないんでしょうか?

そうです、ビットコインだけではないんです。
なんと1500種類もあるんです。
しかもこれは日々開発が進められていて、どんどん増えていっています。

さて皆さん、そもそも「仮想通貨」と「通貨」の違いって、しっかり理解できていますか?
かなりの人があやふやな状態のまま、笑顔で日常生活を送っているのではないかと思います。

軽く6つの項目で違いについてまとめておきます。

●発行のシステム
通貨 … 日本銀行が発行し、金融機関(銀行)を介して発行者の元にいく
仮想通貨 … ブロックチェーンを利用することで取引データし、管理している

ブロックチェーン
 →サトシ・ナカモトが作ったとされており、一度書き込んだ内容は変更も削除もできず、不正・改ざんができず、落ちない・自立分散型システム

●発行者
通貨 … 国や中央銀行
仮想通貨 … 「いる場合」と「いない場合」がある

●範囲
通貨 … 国内
仮想通貨 … 国を問わず世界中OK

●価格
通貨 …物価や外国通貨との変化による
仮想通貨 …需要(買いたい人)に大きく左右する

●管理
通貨 …国や中央銀行
仮想通貨 …ブロックチェーンによる分散型管理

仮想通貨のメリット・デメリット

メリット

銀行を経由せずに送金や支払いができ、海外送金でも瞬時に・安くできるなどの特徴があり、これによる需要が高まり、価値も高まっていっている。
大きな可能せを秘めている通貨だ。

デメリット

ハッキングされて盗まれる危険性があるということ。
これは今まで通貨では全く考えられないリスクである。
また日本では2017年に仮想通貨交換業者が法律で規制され、仮想通貨を購入するときは、必ずここを通さないといけなるなり、業者は仮想通貨や手数料などの説明責任を負った。

投資

価格変動が激しいという面ではと似たところがある。
しかし、株は「経済活動による利益が大きく関係している」点で
仮想通貨とは異なる。

仮想通貨は需要、つまり、欲しい人がたくさんいるかどうかで価値が決まるのです。

タイトルとURLをコピーしました