[ひと息読書]「20年で元本300倍 お金が集まる5つの原則」 持ち家と賃貸

スポンサーリンク

時に、とても小さな決断が、あなたの人生を永遠に変えてしまうことがある

20年で元本300倍 お金が集まる5つの原則 (光文社新書)

「まずい……。人生やっていけるのか」。マイナス4500万円。大学生のときに初めて生涯収支の計算をした僕は、圧倒的にお金が足りない不安に押しつぶされそうになっていた――。それから20年後。著者は住宅費用を運用益だけで賄い、老後資金も貯め終えている。生涯お金に困らない生活はどう手繰り寄せられたのか。個人投資家でUSJのマーケティングディレクターである著者が明かす、独自の投資術と仕事やお金との向き合い方!

アマゾンの本紹介より

本書は、投資ノウハウだけでなく、マインドセットにも適した一冊となっています。

今回はそんな本書から、特にグッときたところを書いていきます。

「持ち家」か「賃貸」か

「家賃は株で払え」と本書では書かれています。

「『持ち家』と『家賃』、どっちが良いの?」

これはつまり、「購入した場合の資金」と「毎月の賃貸費用」、どっちが安いかと言うことです。

結論は、賃貸の方が、若干安いです。

具体的には

1人暮らし 「毎月1万円」 お得
3人暮らし 「毎月2.7万円」お得

(同じ条件の建物の場合)

これは、「持ち家」の場合、頭金やローン、修繕費などが掛かることが原因です。

上記の数値を見た人の中には、「全然変わんないじゃん!」「月3万円程度の違いなら、家を持ちたい!」と思った人も多いでしょう。

ですが、本当にそうでしょうか?

浮いた3万円

例えば今25歳の人が、60歳になるまでの「35年間」。この期間をこの毎月浮いた3万円投資した場合どうなるでしょうか?

こちらの「ファンドの海さん」のサイトで計算してみましょう。

積立と複利計算 ~ 投資信託のガイド|ファンドの海
入力されたアセットアロケーションから、自動的に期待リターンとリスクを求めます。豊富なグラフで結果を分かりやすく表示します。

元本の大きさによって、複利の大きさが変わり、最終金額も変わりますが、

元本が350万円を超えていた場合、運用結果は5000万円を余裕で超えます。(運用利回り5%と仮定した場合)

また全世界株式のインデックスファンドに投資すれば、「運用利回り5%」という数値も現実的な数値になります。

もし、浮いた3万円をインデックスファンドで35年間運用した場合、老後に5000万円を手にすることができるのです。

5000万円。でかいですね。

「持ち家」と「賃貸」のまとめ

持ち家

●不動産になる

●資産価値はほとんどない
 ※日本の場合、家の価値は数十年でかなり下落する

●ずっと住まないといけない

●もしもの時(離婚・災害・欠陥など)に不便

賃貸

●浮いたお金をインデックスファンドに回せばかなり儲かる

●好きなところに住める

●不動産ではない

●家を持てない

結局、投資はその人次第です。

「自分にとって、リスクをとった上での最大のリターンはなんなのか」

それが何よりも重要です。

時に、とても小さな決断が、あなたの人生を永遠に変えてしまうことがある

カート・ラッセルの言葉です。

まずはそれぞれの「リスク」と「リターン」を知ること。

そこからはじましょう。

投資書物
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました