【太陽光発電】「太陽光発電」を副業に!

スポンサーリンク

今回は、「太陽光発電」を扱ったビジネスを紹介しようと思います。

皆さんの新たな気づきになれば幸いです。

「太陽光発電」で稼ぐ仕組み

日本に、再生可能エネルギーの「固定価格買収」があるのをご存知でしょうか?

2012年、「FIT法」の施行により、固定価格買収制度の実施方法が規定され、同年7月から、再生可能エネルギー源を用いて発電された電力の買取が始まったのです。

(※再生可能エネルギー……太陽光・風力・水力・地熱といった半永久的で、二酸化炭素を伴わないエネルギー)

この法律によって、国は再生可能エネルギーによって生み出した電力を「国が定めた固定の価格で買収すること」を義務付けたのです。

なぜ電力会社は義務づけられた?

では、なぜ、電力会社は、そのようなエネルギーによる電力を買わなくてはならないのでしょうか?

それは、「地球温暖化対策」を、この法律により国に普及させるためです。

再生可能エネルギーの発電コストは高く、市場に任せては、普及することは難しい。

そこで、国が買取を保証することで、再生可能エネルギーの利用を急激に加速させることが、この法律の狙いです。

この法律により、企業のみならず、数多くの個人事業者が発電事業に参入することが可能になったのです。

おわり

ただ、詐欺のような案件もあります。

例えば、他人の土地を「発電所建設予定地」として、無断で経済産業省の認可をとり、それを売り出すような人々です。

このような土地を何も知らずに購入し、地権者のところで「そんな話は知らん!」と門前払いされるといったトラブルが頻発したそうです。

また、太陽光発電の場合は、不動産投資と異なり、電線が盗まれたり、台風で太陽光のパネルが飛ばされたり、といったリスクもあります。

ニュースなどで取り上げられる太陽光の話題も、大抵こっちですので、皆さんが不安になるのも当然です。

ですが、昨今は、法設備も整い、上記のようなトラブルが減少してきています。

ニュースなどの情報で左右されず、一度しっかりと太陽光について学んでみるのもいいかもしれませんね!

おまけ:『ガンダム00』

太陽光発電でパッとイメージしたのは、『ガンダム00』でした。

このアニメは、2307年の物語です。

化石燃料が枯渇した人類は、新たなエネルギー源として、宇宙太陽光発電システムを採用しました。

それに合わせ、地上から宇宙へといける、軌道エレベーターも実用化し、人は繁栄の一途を辿っているように見えました……。

しかし、その「宇宙太陽光発電システム」と「軌道エレベーター」は、建設に多大なコストがかかるため、その所有が許されたのは、大国の3カ国だけでした。

その3カ国とは、「ユニオン」(アメリカ)、「AEU」(ヨーロッパ)、「人類革新連盟」(中国・ロシア・インド)です。

超大国化した3カ国は、全面的な対決などはないものの、軍用兵器モビルスーツなどの軍備開発競争で、冷戦状態でした。

そして、このいずれの3カ国にも属さなかった中小国は、貧困や紛争、内戦などを繰り返していました。

(化石燃料によって経済が回っていた中東などは、太陽光発電によって絶大な被害を受けたのです)

このアニメは、2つのシーズンに分けられています。

1stシーズンでは、そんな3カ国の争いを、武力で根絶しようとする私設武装組織「ソレスタルビーイング」のお話。

2ndシーズンでは、一つになりかけていた世界を陰で支配していた「イノベーター」を、打倒するお話。

特にこのイノベーターたちと、「ソレスタルビーイング」のお話が特に…………最高です!

産業革命以降、機械文明を手に入れた人類は、その知恵で争い、滅びの歴史に直面してきました。

もちろん、偉大なる指導者たいも中には存在した。

だがしかし、そんな偉大な指導者も、十数年で寿命を迎え、再び混沌の時代に。

人類は、過去から何も学ぼうとしない。

だから、「人ならざる者が、人より寿命を持って、人類を滅亡から救う」。

そのための「神」、人類を導く指導者としての存在。それが「イノベーター」!

その一方で、人類は必ず通じ合えると信じる「ソレスタルビーイング」。

この両者の戦いがまさに、至高!

そして、そんな両者の争い、戦争を嘆いた歌もまた、僥倖!

お日様出て 夕日きれいで
星に願い明日が来る

どうして行っちゃうの?
一緒に帰ろう

マリナ・イスマイール

最近のニュースなどを見ていると、数百年後の未来がまさに、上記のような世界になっているのではないかと思う、今日この頃です。

そうなった時のためにも、アニメで予習しておくのも悪くありません。

シカゴ大学の研究では、「終末もの」と呼ばれるジャンルの映画のファンは、そうではない人に比べて、現実に起きた災厄に対して高い心理的なレジリエンス(弾性)と、より適切な対処能力を持つことがわかっています。

ですので、本作品をまだ見たことがない方は、ぜひ!

(参考文献)

2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ (NewsPicksパブリッシング)
Amazonでピーター・ディアマンディス, スティーブン・コトラーの2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ (NewsPicksパブリッシング)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
Amazon.co.jp: 朝8時までの習慣で人生は9割変わる eBook : 市川清太郎: 本
Amazon.co.jp: 朝8時までの習慣で人生は9割変わる eBook : 市川清太郎: 本



お金
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました