【北欧神話】ユミルと神話の始まり —— ユミルを骨の髄にまで使い果たした神たち

スポンサーリンク

本日は、北欧神話シリーズ第二弾ということで、「神話の始まり」について取り上げます。

北欧神話の設定

北欧神話には大きく、3つの氏族が存在します。「アース神族」「ヴァン神族」「ヨトゥン(巨人)」です。

それぞれの特徴は、「秩序」を持つ神族と、「混沌」の巨人族、といった感じです。北欧神話は、この、それぞれの考え方の違いや、守るものために、戦いが起こります。

ではそもそも、これらの起源はなんだったのでしょうか。

火と氷

北欧神話の世界は、「火と氷」から始まります。

まず、火と氷によって、雌牛と巨人ユミルが創りだされます。

雌牛が舐めた「塩の氷」から、最初の神「ブーリ」が生まれました。一方、ユミルは、3人の巨人を生み出しました。

それから、ブーリと巨人が交わって生まれた神が「ボル」。さらに、そのボルから「オーディン」「ヴィリ」「ヴェー」が生まれました。

※北欧神話が広まった北欧は、豪雪に閉ざされた厳しい自然環境でした。そんな環境であったことが、「火と氷しかない世界観」という厳しい世界観を作り出したと考えられます。

ユミルの嫉妬

しかし、ここで、事件が起こります。

ユミルは当時、牛の乳を飲んで生活し、周りには巨人がいる、という環境下で生活していました。

しかし、そこに急遽、美しい姿をしたブーリが現れたのです。

ユミルは、この時はじめて嫉妬という感情を覚えました。そして、どうしたらいいかわからなくなったユミルは、ブーリを殺してしまいます。

ユミル殺害

すると今度、自分の祖父を殺したユミルに復讐心を抱く3人が現れます。「オーディン」「ヴィリ」「ヴェー」です。

また、彼らは、復讐だけでなく、暴虐の限りを尽くす巨人たちにも辟易していました。

以上のことを考え、これから神々が世界を作る上で、仇であり、巨人の始祖であるユミルは邪魔であると考えました。

そこでついに、オーディンたちは、ユミルを殺害しました。

するとそれに付随して、ユミルの傷口から大量の血が流れ、全ての巨人を溺死させてしまったのでした。

(この時実は、男と女の人組の巨人が生き残っており、再び巨人族が復活する)

ユミルの体

ユミルの殺害によって得た恩恵は、「血の洪水」だけではありませんでした。

神々は、ユミルの体を解体することで、世界を作り出したのです。

●血液→海川湖

●肉塊→大地

●骨→山

●歯・あご・こなごなになった骨→岩・玉石・小石

●頭蓋骨→天空

●脳みそ→雲

●まつ毛→柵(※ボーナストリビア)

おわり

その後も、隕石を、星や太陽、月にしたりと、神々による宇宙制作は続きました。

また、オーディンたちは自身(アース神族)が暮らす領域として、“アスガルド”を天上に作りました。

他方、生き残った巨人たちは、海で隔てた彼方に追いやってしまいます。

そして、こうして作り出した宇宙の製造物を、**“ユグドラシル(世界樹)”**という巨大な木で、包み込んだのでした。

ボーナストリビア:人間は、テキトーに作られた?

宇宙や世界を作り出したのが、オーディンたちなら、その後人間を作り出したのもまた神々たちです。

では、神々は、どうやって人間を作ったのでしょうか?

実は、オーディンが海辺を歩いていた時に、たまたま拾った2本の木が人間の起源とされているのです。

もちろん、オーディンたちは人間が生息する場所も用意します。それは、人間の国”ミッドガルド”です。

これはまるで、人間が動物を飼うのに、ペットハウスを作るようなものです。

さらにオーディンは、巨人からの攻撃を防ぐために、ミッドガルドに柵を作りました。

この柵の原料は、ユミルのまつ毛(※)とされています。

(参考文献)

いちばんわかりやすい 北欧神話 (じっぴコンパクト新書)
今から約2000年前、北欧の国々で信仰されていた多くの神々、主神オーディン&...
図解 北欧神話 F‐Files
主神オーディンと悪神ロキ、戦乙女ヴァルキュリャや大蛇ヨルムンガンドたちの織&...
物語北欧神話 上
霧と炎が支配する世界に巨人と神々が生まれた。彼らは定められた滅びへと突き進んでゆく――断片的な詩や散文からなる複雑な北欧神話を現代ファンタジーの巨匠が再話。後の創作物に多大な影響を与えた神々の物語がよみがえる。 ◇◆目次 上巻◆◇ 序文 北欧神話の神々 始まりの前と、それから ユグドラシルと九つの世界 ミーミルの首とオ……もっと読む
知識
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました