【植物学】上がダメなら、横に行けばいい!——不可能だと思えたところに、チャンスがある。

スポンサーリンク

イネ科植物は、あらかじめ、最大の成長点が低く設定されています。

地面スレスレで成長を止め、そこから、葉っぱだけ上へ上へと押し上げる。

そうすることで、たとえ食べられても、大丈夫な状態を作り出したのです。

しかし、これにも大きな問題があります。

低い成長の問題点

イネ科植物のこの成長法は、「茂らせられる葉に限界がある」ということです。

ふつう植物は、茎を伸ばし、茎の横から次々と枝を生やすことで、ほぼ無限に葉っぱを増やすことができます。

しかし、成長に限界があるイネ科の植物は、これができません。

上へ上へから、横へ横へ

そこで、イネ科植物は、成長点の低い茎を「横へ横へ」と伸ばす作戦をとりました。

このように、地面の際に枝を増やしていくことで、そこから派生する葉の数もどんどん増やしていったのです。

おわり

押し上げる植物、押し広げるイネ科植物。

「成長=上↑」という概念から、「←横→」へとベクトルを変えたのです。

これは、私たちの生活にも応用できる考え方かもしれません。

ボーナストリビア:イネの雑草は、浅く刈る!

さて、「雑草」という言葉を聞くと、皆さんは何を想像しますか。

多分、あの根本からごっそりと抜き取る、あの動きを思い浮かべると思います。

**髪の毛はできるだけ長く刈り、雑草はできるだけ短く刈る。**それが現代社会の常識だと思います。

しかし、イネ科の雑草は、あえて「高刈り」という方法がとられています。

というのも、イネ科の植物は、成長点が低く設定されているため、地際で切るとむしろ弾みがつき、またすぐにグングンと伸びてきてしまうのです。

ですので、あえて「高刈り」をすることで、年間の草刈り回数を減らすことができるのです。

また、雑草は増えることで、逆にカメムシなどを捕食する、クモやカエルが住みやすい環境づくりにもつながり、結果、農薬減のおいしいお米が作れるというわけです。

今度、草刈り業界の方と話す機会があったら、ぜひ、この話題で盛り上がってください!

(出典)

眠れなくなるほど面白い 図解 植物の話
大ヒット「眠れなくなるほど面白い」図解シリーズに、【植物学】が登場。 色仕掛け、数学の応用など、生き残りをかけた植物のたくみな戦略を徹底解説。 図とイラストで、ひとめで植物の生態としくみがわかります。 読めば、「ふだん見かけるあの植物に、そんな秘密が!?」と驚くはず。 「花の女王はバラ、では雑草の女王は?」 「なぜ夏の……もっと読む
面白くて眠れなくなる植物学
本書は、ロングセラー『身近な雑草の愉快な生きかた』の著者による、読みだしたらとまらない、すごい植物のはなし。 植物は当たり前のように私たちの身の周りにありますが、けっして何気なく生えているわけではありません。植物の生態は、私たちが思っているよりもはるかに不思議であり、謎に満ちています。本書は、そんな植物の魅力を解き明か……もっと読む
面白くて眠れなくなる植物学 (PHP文庫)
植物は当たり前のように私たちの身の周りにありますが、けっして何気なく生えているわけではありません。 植物の生態は、私たちが思っているよりもはるかに不思議で、謎に満ちています。 本書は、そんな植物のミステリーに迫ろうという一冊。 ◎花占いの必勝法 ◎ちょうちょうはなぜ、菜の葉にとまるのか? ◎水戸黄門の印籠はフタバアオイ……もっと読む
知識
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました