【植物学】「Uri」と「サイトイモ」 —— 稲を食べる前に食べていたのは、こいつらだ!

スポンサーリンク

稲作以前は「Uri」が私たちを救った!

農業が行われる以前、人類は狩猟・採集をすることで生きてきました。

なかでも、デンプンは生きていく上で、とても重要でしたので、「 Uri」と呼ばれる食材をよく口にしていました。

具体的には、 クリ( Kuri)、クルミ( Kurumi)、ユリの球根などの食材のことです。

日本人と「サトイモ」

そして日本では、稲作が伝来する以前、「サトイモ」がもっとも重要な食糧とされていました。

かなり古い時代から、このサトイモは日本の大陸へと伝わってきました。稲作が始まって以降も、私たちに親しまれる食べ物として、残り続けました。

たとえば、おせち料理や、お雑煮などで、サトイモが使われているのも、このためです。

あるいは、中秋の名月には、コメの粉で作った月見団子を供える一方で、芋名月と言ってサトイモを供える風習も残っています。

さらに、納豆、餅、もずく、とろろ、なめこなど、外国人が苦手とするネバネバした食感を日本人が好むのは、サトイモの遠い記憶があるからだとさえ言われています。

おわり

そしてやがて、日本にも「サトイモ」にかわる食べ物として、「お米」が登場するようになります。

デンプンという点では、やはり「お米」に勝る食べ物はないのです。

ボーナストリビア:新潟が人口トップだった時代もあった⁉︎

現代で、人口が最も多い国といえば、「東京都」です。

しかし、 1872(明治 5)年に行なわれた第 1回の人口統計で、全国 1位の座を勝ち取ったのは「広島県」でした。

そして、1888(明治 21)年の調査では「新潟県」が 1位となったのです。

現代ではあり得ないことです。

そして、その理由としては、当時は「稲作」が盛んで農業従事者が多かったこと、日本海側に大阪と北海道を結ぶ航路が通っていたことなどが挙げられます。

時代が、縄文だろうと、明治だろうと、人は「お米」というデンプンに惹かれてしまう生き物なのかもしれません。

ちなみに、東京が初めて 1位となったのは、そのもっと後、 1897(明治 30)年のことでした。

(参考)

眠れなくなるほど面白い 図解 植物の話
大ヒット「眠れなくなるほど面白い」図解シリーズに、【植物学】が登場。 色仕掛け、数学の応用など、生き残りをかけた植物のたくみな戦略を徹底解説。 図とイラストで、ひとめで植物の生態としくみがわかります。 読めば、「ふだん見かけるあの植物に、そんな秘密が!?」と驚くはず。 「花の女王はバラ、では雑草の女王は?」 「なぜ夏の……もっと読む
面白くて眠れなくなる植物学
本書は、ロングセラー『身近な雑草の愉快な生きかた』の著者による、読みだしたらとまらない、すごい植物のはなし。 植物は当たり前のように私たちの身の周りにありますが、けっして何気なく生えているわけではありません。植物の生態は、私たちが思っているよりもはるかに不思議であり、謎に満ちています。本書は、そんな植物の魅力を解き明か……もっと読む
面白くて眠れなくなる植物学 (PHP文庫)
植物は当たり前のように私たちの身の周りにありますが、けっして何気なく生えているわけではありません。 植物の生態は、私たちが思っているよりもはるかに不思議で、謎に満ちています。 本書は、そんな植物のミステリーに迫ろうという一冊。 ◎花占いの必勝法 ◎ちょうちょうはなぜ、菜の葉にとまるのか? ◎水戸黄門の印籠はフタバアオイ……もっと読む
知識
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました