投資は冷蔵庫だと思え

スポンサーリンク

本日の名言

「あなたが一番影響を受けた本はなんですか」
「銀行の預金通帳だよ」


バーナード・ショー:アイルランドの劇作家 より




どうも、AichiRoです。
いつもありがとうございます。

本日も「インベスターZ」特集です。
第八弾ということで「投資は冷蔵庫と思え」というテーマで話していこうと思います。


一流のシェフになろう

道塾学園・投資部には代々先輩たちから後輩たちへ伝えられている言葉がある。
「投資は冷蔵庫と思え」

「資産総額の大きさを生かすためには全体の取引に矛盾がないか、管理すること」
それがファンドマネージャーの仕事だと、投資部キャプテンの神代はいいます。

皆さんのご自宅の冷蔵庫の中身はどうなっていますか?
多分、食材でいっぱいなのではないかと思います。
それにも関わらず、大半の人は在庫を忘れて、冷蔵庫がギチギチであるにもかかわらず、スーパーで食材を買いすぎてしまう。

「セール」という言葉に弱い我々の宿命なのかもしれませんね。

ですが、これでは美味しい料理を作ることは難しい。

投資でもこれと同じことが言えます。
保有している株があまりに多すぎると、管理が難しい。
自動車・電気・鉄鋼・機械・金融・不動産など、投資にはさまざまな種類があります。
これら全てに手をつけていたら収集がつかなくなるのは当たり前です。
そして、ついまた買ってしまったりします。
そうすると、どんどん自分の現状がわからなくなってしまう。

投資をうまくやるには
「美味しくて、繁盛するレストランにならなくてはいけない」と財前はいいます。
繁盛するレストランほど、冷蔵庫は綺麗だというのです。

優秀なシェフは毎日の食材の在庫管理がうまい。
つまり、そもそも仕入れがうまい。
食材が新鮮でメニューも偏りがなく、空きが来ない。
評判になり、客は入るし、売り上げも伸びる。

「投資はレストラン経営と見なすべし」

何よりまず下拵え(したごしらえ)が大切。
開店前に冷蔵庫の中身を頭に入れて無駄なく料理として出すこと。

投資もこれと同じです。
マーケットが開く前に保有する株のポジションを整理しておくこと。
自分の頭の中と現実の状況が違うと、どんなに論理的であっても意味がない。

自分の想定したシナリオ通りにことが進んだ時、儲かるように準備しておかなくてはならない。


皆さんの「冷蔵庫」はどうなってるいますか?

タイトルとURLをコピーしました