[税金] コロナ対策の持続化給付金 —— この税金の使われ方は適当か?

スポンサーリンク

コロナ対策で、「持続化給付金」という税金制度がありました。

これは、中小企業や、個人事業者などを対象とした給金の制度です。

持続化給付金
感染症拡大による、営業自粛等で特に大きな影響を受けている、中堅・中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくために、事業全般に広く使える給付金を給付します。

この、コロナで大変な時に、みんなを助けるために作られたのが、この制度です。

しかし、この制度には不審な点があります。

それは、お金の流れ方です。

持続化給付金のお金の流れは以下のようになっています。

「経済産業省」
 
  ↓669億円で委託

「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」
 
  ↓640億円で再委託

「電通」
 
  ↓561億円で再委託

「電通グループ会社」→「関連会社500社」

このように、少しずつ外注でお金が流れているのですが、
ここで特にポイントなのが、
「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」の存在です。

なぜ「電通」に直接、委託せず、「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」を挟むのでしょうか。

『税金を払わずに生きてゆく逃税術』という本によれば、
この「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」は
政界の天下り先、だそうです。

そもそも、電通や、それに関連する企業によって設立されたのが、この組織です。

ホームページを見ても、どんなことをやってるのか、イマイチよくわからない団体です。

↓(ホームページです)

一般社団法人サービスデザイン推進協議会(公式ホームページ)
一般社団法人サービスデザイン推進協議会のトップページです

我々が日々支払っている税金の一部は、このような利権によるピンハネに使われてしまっているのです。

我々の知らないところで。

(追伸)
また、最近、「持続化給付金」第二弾も、ニュースで話題になっています。
今回も「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」を通るのか。

ニュースから目が離せません。

本日の名言

「この世で確かなものは2つしかない。死と税金だ」
——ベンジャミン・フランクリン

※ベンジャミン・フランクリン
 ●アメリカ合衆国建国の父
 ●印刷業で成功を収めた後、政界に進出しアメリカ独立に多大な貢献をした
 ●また、凧を用いた実験で、雷が電気であることを明らかにした。

(参考文献)


お金
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました