[考え方] 見えない税金 —— 銀行に入れているお金の価値は黙っていても下がり続ける

スポンサーリンク

現代流通している「お金」の90%以上は、システムを行き来するただの「数字」だそうです。

銀行は通帳の「数字」を見て、「現金」に替えてくれます。

泥棒に盗まれる心配のない、このシステムは、一見、とても安全で、安心なように思われます。

しかし、それは真実ではありません。

銀行のお金は、時とともに簡単に目減りしていくのです。

例えば、インフレ。
インフレが2%進むことで、銀行に預けているお金の価値も2%下がっています。

また、政治家の「お金を刷って景気をよくする」という政策も、我々の銀行からお金を盗む政策です。

アテネの話でもあったように、お金を刷るというのは、結局、お金の価値を減らす行為に等しいのです。

政治家は、そこにつけ込み、「消費税を上げます」とは言わず、「お金を刷ります」と言って、我々からお金を盗っているのです。

このように「お金を刷る」ことは実質的に、税率を上げることと等しく、「インフレ税」なんて言ったりもします。

銀行に入れいているお金の価値は、何もしなくても、減り続けるのです。




(追伸〜昔のお金は今よりも価値がある〜)

昔のお金が今よりも価値があったことは、ご存知だと思います。

明治時代の「1円」の価値ってどれぐらい?(1) | お金の歴史雑学コラム | man@bowまなぼう
めざせ!おカネ雑学王!貨幣の歴史、昔と今のお金の価値、お金の単位・素材など、お金にまつわる雑学・豆知識

このような現象は、中央銀行が、お金を刷りまくり、その結果、お金の価値がどんどん下がってしまったために起こりました。

またこれは他の国でも同様で、例えばアメリカでは
紙幣の価値が、100年で98%も下がりました。
100年前の100ドルが、今の2ドルと同じ価値なのです。

日本は「アベノミクス」によって、世界的にも早いペースでお金を刷りまくっています。

お札を刷って、そのお札で国の借金を買う。そうすることで、日銀は、利益を膨らませているのです。

国は、お金を刷ることで、
税金を取らずに、かつ、国民たちから評判をよくし、こっそり我々の財布からお金を抜き取っているのです。

本日の名言

「苛政、虎より猛し。…虎より怖い、重い税」
——孔子

お金
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました