スポンサーリンク

新着記事

【幸せ】『イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ』——「片付けるべき用事」を見つけよう!

動機付けが、おろそか! 人のモチベーション要因には二種類あります。 一つは、「衛生要因」。 これは、職場の衛生環境だけでなく、ステータスや報酬なども含まれます。 もう一つは「動機付け要因」です。 これは、自己……もっと読む
投資

【組織】『ティール組織 マネイジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』——時は今、ティール組織へと移り変わっている!

組織とは ひとえに、「組織」といっても色々な形があります。 部活動みたいな組織もあれば、軍隊みたいな組織、社長はお飾りな組織もあれば、社長の一党独裁な組織もあります。 本書では、このような組織たちを、5つの組織に分類しま……もっと読む

【未来】『働くひとのためのキャリアデザイン』——キャリアをドリフトしよう!

キャリアトランジションモデル 昨今、転職がよく叫ばれるようになりました。 仕事は、二転三転して当たり前。 そんな考え方が、今後の常識になっていくかもしれません。 そこで重要になってくるのが、それぞれのキャリアにおい……もっと読む

【未来】『隷属なき道——AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働』——世界の変えたいのであれば、非常識であれ!

貧困がすべての根源 一般的に、貧しくなる理由は、その人が「怠け」ているからだ、と考えられています。 しかし、この因果関係は、間違いです。 「怠ける」から「貧しい」のではなく、「貧しい」から「怠ける」のです。 私たち……もっと読む

【未来】『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』——100歳のなった自分を想像しよう!

100歳まで生きる理由 「人生100年時代」と、よくいいます。 しかし、なぜここまで平均寿命が伸びてしまうのでしょうか。 医療におけるテクノロジーの進歩が原因です。 これまで、疫学(集団の病気を研究する学問)では、……もっと読む

【リーダー】『君主論』—— 1500年頃に書かれた歴史的名著! 君主はどうあるべきか

性悪説 「性悪説」という考え方があります。昔の中国思想家、孟子が唱えた考え方です。 「人は生まれながらにして悪で、そのため、善であろうとする」 『君主論』でも、似たようなことが書かれています。 「人間もともと、邪悪……もっと読む

【時間】『プロフェッショナルの条件』—— 時間こそが真に普遍な制約条件である

時間は何よりも貴重 「時間」は、あらゆるプロセスで、成果を限定するものです。 そして何よりも、もっとも乏しい資源でもあります。 いくら、時間が欲しいという人が増えても、その供給は変わらない。 蓄積もできないし、一度……もっと読む

【事実】『FACTFULNESS——10の思い込みを乗り越え、データを元に世界を正しく見る習慣』——「ドラマティックな世界」の幻想

「ドラマティックな見方」とは 私たちはよく、世界に対し、ドラマティックな見方をしてしまいます。 ここでいう「ドラマティックな見方」とは、自分の中で生成された思い込みのことです。 その思い込みは、 「ネガティブ思考」「短絡……もっと読む

【直感】『センスメイキング――本当に重要なものを見極める力』——「実践知」が豊かな人は、自分が関わっている「文法」を超越して活躍できる

センスメイキング みなさんは、「センスメイキング」という言葉をご存じでしょうか。 センスメイキングは、「アルゴリズム思考」の対局をなす考え方です。 「アルゴリズム思考」はその名の通り、量をもって、対象物を定義し、計算でき……もっと読む

【美学】『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」』—— 経営は「直感」と「論理」の二輪で成り立つ

経営において重要なことは、潰れないこと。 そのために、経営者の多くは、「経験」や「論理」に思考を傾けてしまいます。 しかし、本当にそれだけでいいのでしょうか。 「アート」と「サイエンス」と「クラフト」 一般的に、経……もっと読む
スポンサーリンク

知識

知識

【沈没船ジョーク】あなたの「飛び込みワード」はなんですか?

色々な国の価値観やアイデンティティを表したジョークとして『沈没船ジョーク』というものがあります。 世界が一つになるには、お金や国境もそうですが、まずは、文化をそろえる必要があるのかもしれません。 沈没船ジョーク 世界の人……もっと読む
知識

【幸福の公式】「幸福=規定値+生活状態+自発的行動」である!

ポジティブ心理学には、「幸福の公式」があります。 これは、ポジティブ心理学の第一人者である3人の教授 ———— ソニア・リュボミアスキー、エド・ダイナー、マーチン・セリグマン─が研究開発したものです。 幸福は3つからなる! ……もっと読む
知識

【モラル・ライセンシング】正しいことをした後は、少し悪いことをしたくなる!

人間には、正しいことをした後、少し悪いことをしたくなる性質が備わっています。 これを「モラル・ライセンシング」と言います。 モラル・ライセンシング 私たちは、正しいことをすると、誘惑に弱くなります。 「頑張ったんだ……もっと読む
知識

【セントラリア】50年以上、ずっと火事の地域がある!

アメリカのペンシルベニア州にセントラリアという国があります。 この地域では、50年以上にわたり、ずっと火事の状態が続いています。 セントラリアの坑内火災 セントラリアは、 19世紀後半から石炭鉱業によって栄えた炭鉱町です……もっと読む
知識

【貯金】貯金をするのは、自信を与えてくれるから?

貯金大国日本。 日本人はなぜそんなにも貯金を好むのでしょうか? 貯金に縛られた生き方 日本人の多くが貯金に縛られ、多くのお金を抱えたまま、人生の終盤を迎えています。 旭化成ホームズが 2013年に行った調査によると……もっと読む
知識

【ゲーム】頭を賢くする4つのゲーム

前回の記事に続き今回は、頭をよくする「4つのゲーム」を紹介します。 ※ヘブライ大学とベングリオン大学の研究 宇宙人遭遇ゲーム 一つ目は「宇宙人遭遇ゲーム」です。 言葉の通じない宇宙人が目の前に現れた時、どうやってお……もっと読む
知識

【ゲーム】ゲームは頭を賢くする!

ある研究で、朝夕と数時間ゲームなどの遊びをすると、直感力が磨かれることが認知心理学的に証明されています。 直感力を磨く イスラエルにある、ヘブライ大学とベングリオン大学の実験によると、朝と夜に 1〜2時間、ゲームなどの遊びに取……もっと読む
知識

【金銭的報酬】子供を金で釣るのは、果たして正解か?

「テストで100点取ったら1000円あげる」「次の試合に勝ったらジュース奢る」 など、相手のやる気を出す方法として私たちはよく「お金」を使います。 金銭的な報酬 『脳のアクセルとブレーキの説明書』という本では、金銭的な報……もっと読む
知識

【イースタリンの逆説】「収入=幸福感」ではない!

年収800万円は一般的に「勝ち組」だと考えられています。 ですが「勝ち組」=「幸せ」と言うわけではなのかもしれません。 年収800円で家計が破綻寸前の家庭 国税庁のデータによると、年収800万円をこえる人は全体の9.2%……もっと読む
知識

【 GIVE& TAKE】人には「ギバー」「テイカー」「マッチャー」の3つのタイプがある!

本日は、ペンシルベニア大学の組織心理学者アダム・グラント氏が書かれた、『 GIVE& TAKE』という本に書かれている、人間の3つのタイプについて紹介します。 「ギバー」「テイカー」「マッチャー」 グラント氏いわく、人間は3つ……もっと読む

【幸せ】『イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ』——「片付けるべき用事」を見つけよう!

動機付けが、おろそか! 人のモチベーション要因には二種類あります。 一つは、「衛生要因」。 これは、職場の衛生環境だけでなく、ステータスや報酬なども含まれます。 もう一つは「動機付け要因」です。 これは、自己……もっと読む

【未来】『働くひとのためのキャリアデザイン』——キャリアをドリフトしよう!

キャリアトランジションモデル 昨今、転職がよく叫ばれるようになりました。 仕事は、二転三転して当たり前。 そんな考え方が、今後の常識になっていくかもしれません。 そこで重要になってくるのが、それぞれのキャリアにおい……もっと読む

【未来】『隷属なき道——AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働』——世界の変えたいのであれば、非常識であれ!

貧困がすべての根源 一般的に、貧しくなる理由は、その人が「怠け」ているからだ、と考えられています。 しかし、この因果関係は、間違いです。 「怠ける」から「貧しい」のではなく、「貧しい」から「怠ける」のです。 私たち……もっと読む

【未来】『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』——100歳のなった自分を想像しよう!

100歳まで生きる理由 「人生100年時代」と、よくいいます。 しかし、なぜここまで平均寿命が伸びてしまうのでしょうか。 医療におけるテクノロジーの進歩が原因です。 これまで、疫学(集団の病気を研究する学問)では、……もっと読む

【リーダー】『君主論』—— 1500年頃に書かれた歴史的名著! 君主はどうあるべきか

性悪説 「性悪説」という考え方があります。昔の中国思想家、孟子が唱えた考え方です。 「人は生まれながらにして悪で、そのため、善であろうとする」 『君主論』でも、似たようなことが書かれています。 「人間もともと、邪悪……もっと読む

【時間】『プロフェッショナルの条件』—— 時間こそが真に普遍な制約条件である

時間は何よりも貴重 「時間」は、あらゆるプロセスで、成果を限定するものです。 そして何よりも、もっとも乏しい資源でもあります。 いくら、時間が欲しいという人が増えても、その供給は変わらない。 蓄積もできないし、一度……もっと読む

【事実】『FACTFULNESS——10の思い込みを乗り越え、データを元に世界を正しく見る習慣』——「ドラマティックな世界」の幻想

「ドラマティックな見方」とは 私たちはよく、世界に対し、ドラマティックな見方をしてしまいます。 ここでいう「ドラマティックな見方」とは、自分の中で生成された思い込みのことです。 その思い込みは、 「ネガティブ思考」「短絡……もっと読む

【直感】『センスメイキング――本当に重要なものを見極める力』——「実践知」が豊かな人は、自分が関わっている「文法」を超越して活躍できる

センスメイキング みなさんは、「センスメイキング」という言葉をご存じでしょうか。 センスメイキングは、「アルゴリズム思考」の対局をなす考え方です。 「アルゴリズム思考」はその名の通り、量をもって、対象物を定義し、計算でき……もっと読む

【美学】『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」』—— 経営は「直感」と「論理」の二輪で成り立つ

経営において重要なことは、潰れないこと。 そのために、経営者の多くは、「経験」や「論理」に思考を傾けてしまいます。 しかし、本当にそれだけでいいのでしょうか。 「アート」と「サイエンス」と「クラフト」 一般的に、経……もっと読む

【組織】『学習する組織 システム思考で未来を創造する』—— 物事ではなく、全体の繋がりをみるシステム思考

チームに必要な3つのバランス チームを育成するのは、3つの学習能力のバランスが重要です。 その3つとは、「志を育成する力」「複雑性を理解する力」「共創的に対話する力」です。 まず、「志を育成する力」についてです。 ……もっと読む

偉人

偉人

【ゴッホ】弟に養われ続けたフィンセント・ファン・ゴッホ

『ひまわり』『星月夜』『タンギー爺さん』といった名画を描いたフィンセント・ファン・ゴッホ。 彼の絵は生前一枚も売れず、生活はいつも弟のスネをかじっていました。 素晴らしい弟・テオ! ゴッホの絵が、生前、一枚も売れなかった……もっと読む
偉人

【ジョセフ・ベル】鋭すぎた観察眼!

19世紀から20世紀にかけ、ジョセフ・ベルという、お医者さんがいました。 彼の偉業は誰も知りません。 ただ、彼は誰かにすごく似ています。 さて、誰でしょう? ヒント1 彼は医者だけでなく、大学医学校の教授もし……もっと読む
偉人

【カンプラード】IKEAがIKEAであるわけ

行動経済学にはもともと「人間はどうして誘惑に負けてしまうのか」というテーマがあります。 また研究のなかには、「欲求を我慢できる人」ほど所得水準が高い、という研究結果もあります。 もちろん所得水準の高い人がすべて、欲求を我慢でき……もっと読む
偉人

【デミス・ハサビス】夜遅くまで起きるのも悪くない!

初めて囲碁で人間に勝利した「AlphaGo」 その開発者にして、イギリスの人工知能会社DeepMindの創設者、デミス・ハサビス。 デミス・ハサビスの生い立ち デミス・ハサビスさんは、ロンドンで、ギリシャ系と中国系の家庭……もっと読む
偉人

【ベートヴェン】歩きすぎの天才

ドイツの天才作曲家、ピアニストであるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。 交響曲 第5番 ハ短調 作品67「運命」は、知らない人はいない名曲です! 彼の変わった習慣! 音楽室に行き、彼の写真がない、というこ……もっと読む
偉人

【J.K.ローリング】メモの魔力!——『ハリーポッター』は膨大なメモからできた!

歴史上、最も稼いだ小説家、J・K・ローリングさん。 彼女が書いた『ハリーポッター』シリーズは、全世界で4億部以上も売れ、64カ国語に翻訳されました。 逸話 年収180億円、推定資産800億円。 ローリングさんは、ジ……もっと読む
偉人

【クエンティン・タランティーノ】盗みの天才、タランティーノ!

アメリカの映画監督に、クエンティン・タランティーノという人物がいます。 『ジャンゴ 繋がれざる者』『イングロリアス・バスターズ』『ワンス・アポン・ア・タイム』などが代表作です。 「鬼才」と呼ばれる所以 クエンティン・タラ……もっと読む
偉人

【孫正義】孫正義流、アイディアの出し方!

ソフトバンクといえば、孫正義さんです。 ソフトバンクは、スマートフォンはもちろん、インターネットや、固定電話、ロボットなど、我々のライフスタイルを豊かにするアイディアを数々打ち出した会社です。 アルバイトが嫌いな孫さん! ……もっと読む
偉人

【フレミング】遊び過ぎた男!

イギリスの科学者、アレクサンダー・フレミングは、世界初の抗生物質「ペニシリン」を発見した人物です。 1945年にノーベル賞を受賞し、様々な伝染病に対する治療効果を発見しました。 (※左手を使った「フレミングの法則」で有名なのは……もっと読む
偉人

【バルザック】コーヒーを愛しすぎた男!

フランスの小説家の1人に、オノレ・ド・バルザックという人がいます。 彼は、19世紀のフランスを代表する小説家で、アレクサンドル・ディマ(『三銃士』)や、ヴィクトル・ユーゴー(『レ・ミゼラブル』)と並ぶ偉大な小説家の1人です。 ……もっと読む
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました