スポンサーリンク

新着記事

知識

【脳】プライミング効果 ——「疲れてるいるから、集中できない」のではない!

「疲れているから集中できない」はウソ 私たちはよく、「やる気が出ない」「疲れた」などといった理由から、作業を後回しにしてしまう傾向があります。 しかし、それは脳の錯覚によるものだと言うことがわかっています。 心理学者マー……もっと読む
知識

【脳】作業効率は、「時間」の長さに反比例する!——人間の集中はもって2時間!

人間の集中力はMAX2時間 前回の記事で、「集中力(ウィルパワー)は鍛えられる」ということを書きました。 しかし、いくら鍛えられると言っても、限界があります。 それはズバリ、「2時間」です。 十分に鍛えられている人……もっと読む
知識

【脳】集中力は「ウィルパワー」を鍛えることで、最強になる!

集中力はトレーニングできる 「集中しろ! 根性が足りん! まったく最近の若い奴は……」 と、人は集中できない理由を、「若いから」「劣っているから」「怠け者だから」と考えます。 しかし、このどれも間違いです。 集中で……もっと読む
知識

【地政学】海を支配した者こそが最強!——アメリカが最強な理由

7割の海 地球という惑星は、7割が海で覆われています。私たちが普段、生活している陸は、地球全体の3割でしかないのです。 これは、私たちの脳がふだん、10から15%しか使われていないことと同じくらいの常識であり、また、驚くべき真……もっと読む
知識

【環境】自我と非我の境界!—— 統合失調症に苦しまない人たちがいる

統合失調症 多くの精神科医は、統合失調症を「自我の保てなくなる病」と表現しています。 つまり、「自分」と「そうでないもの」の区別ができなくなるのが、この病の恐ろしいところです。 自我と非我の間にあるはずの「壁」みたいなも……もっと読む
知識

【脳】偽りの記憶——相手を騙すのは意外と簡単!

偽りの記憶 人間の記憶力が当てにならないのは、あなたもご存じのことだと思います。 オレオレ詐欺や、道端でたまたま知り合った旧友だったという人物のこと、占い師の的をいたかのような当意即妙の言い回し。 あなたは、このような状……もっと読む
知識

【脳】簡単にできる「意識の変え方」——見えるものを変えれば、意識は変わる!

意識の変え方 あなたは、ヒトの意識を簡単に変えてしまう方法があるのをご存じでしょうか。 これは、ウルビノ大学、ジョバンニ・カプート氏によって行われた実験です。 被験者に、10 ~ 25ワット程度の薄暗い証明がついた部屋に……もっと読む
知識

【心理学】メンタルに強さも弱さも関係ない!——豆腐メンタルを舐めてはいけない!

脳は未来を予測する 前回の記事では、脳が過去の経験や知識から、未来を予測し、その予測をもとに現在の行動を組み立てるということを書きました。 ●あの大学の出身者なら、優秀に違いない! ●あの親の子供なら、きっと優しい人なの……もっと読む
知識

【心理学】あなたは“物語“の中で生きている!——“物語“を捏造せずして、生活することはできない私たち

クリエイティブティがわかる三つの問題 以下の問題について少し考えてみてください。 問 1 「スコット氏は激しい雨のなかを散歩に出かけました。スコット氏は傘を持たず、帽子も被っていませんでした。そのため、スコット氏の服はずぶぬれ……もっと読む

【感情】ヒトの心は必要なのか? —— 「自己」は、絶対神ではない!

自己に原因を求めるのは、昔から 「恋人に別れられたのは、私のせい」 「仕事ができないのは、私のせい」 「病気になったのは、私のせい」 このように、自分自身に苦しみの原因をおくことは、大昔からありました。 ヒン……もっと読む
スポンサーリンク

知識

知識

【脳】プライミング効果 ——「疲れてるいるから、集中できない」のではない!

「疲れているから集中できない」はウソ 私たちはよく、「やる気が出ない」「疲れた」などといった理由から、作業を後回しにしてしまう傾向があります。 しかし、それは脳の錯覚によるものだと言うことがわかっています。 心理学者マー……もっと読む
知識

【脳】作業効率は、「時間」の長さに反比例する!——人間の集中はもって2時間!

人間の集中力はMAX2時間 前回の記事で、「集中力(ウィルパワー)は鍛えられる」ということを書きました。 しかし、いくら鍛えられると言っても、限界があります。 それはズバリ、「2時間」です。 十分に鍛えられている人……もっと読む
知識

【脳】集中力は「ウィルパワー」を鍛えることで、最強になる!

集中力はトレーニングできる 「集中しろ! 根性が足りん! まったく最近の若い奴は……」 と、人は集中できない理由を、「若いから」「劣っているから」「怠け者だから」と考えます。 しかし、このどれも間違いです。 集中で……もっと読む
知識

【地政学】海を支配した者こそが最強!——アメリカが最強な理由

7割の海 地球という惑星は、7割が海で覆われています。私たちが普段、生活している陸は、地球全体の3割でしかないのです。 これは、私たちの脳がふだん、10から15%しか使われていないことと同じくらいの常識であり、また、驚くべき真……もっと読む
知識

【環境】自我と非我の境界!—— 統合失調症に苦しまない人たちがいる

統合失調症 多くの精神科医は、統合失調症を「自我の保てなくなる病」と表現しています。 つまり、「自分」と「そうでないもの」の区別ができなくなるのが、この病の恐ろしいところです。 自我と非我の間にあるはずの「壁」みたいなも……もっと読む
知識

【脳】偽りの記憶——相手を騙すのは意外と簡単!

偽りの記憶 人間の記憶力が当てにならないのは、あなたもご存じのことだと思います。 オレオレ詐欺や、道端でたまたま知り合った旧友だったという人物のこと、占い師の的をいたかのような当意即妙の言い回し。 あなたは、このような状……もっと読む
知識

【脳】簡単にできる「意識の変え方」——見えるものを変えれば、意識は変わる!

意識の変え方 あなたは、ヒトの意識を簡単に変えてしまう方法があるのをご存じでしょうか。 これは、ウルビノ大学、ジョバンニ・カプート氏によって行われた実験です。 被験者に、10 ~ 25ワット程度の薄暗い証明がついた部屋に……もっと読む
知識

【心理学】メンタルに強さも弱さも関係ない!——豆腐メンタルを舐めてはいけない!

脳は未来を予測する 前回の記事では、脳が過去の経験や知識から、未来を予測し、その予測をもとに現在の行動を組み立てるということを書きました。 ●あの大学の出身者なら、優秀に違いない! ●あの親の子供なら、きっと優しい人なの……もっと読む
知識

【心理学】あなたは“物語“の中で生きている!——“物語“を捏造せずして、生活することはできない私たち

クリエイティブティがわかる三つの問題 以下の問題について少し考えてみてください。 問 1 「スコット氏は激しい雨のなかを散歩に出かけました。スコット氏は傘を持たず、帽子も被っていませんでした。そのため、スコット氏の服はずぶぬれ……もっと読む
知識

【感情】「怒り」は大抵、なんとかなる!——とにかく6秒耐えよう!

「怒り」は「苦」の一部 前回の記事では、「苦」に対する感情について取り上げました。 人も動物も、「苦」という感情を抱きます。 違いは、「苦」をまた別の「苦」へと転換させてしまうかどうかにあるということを書きました。 ……もっと読む

【感情】ヒトの心は必要なのか? —— 「自己」は、絶対神ではない!

自己に原因を求めるのは、昔から 「恋人に別れられたのは、私のせい」 「仕事ができないのは、私のせい」 「病気になったのは、私のせい」 このように、自分自身に苦しみの原因をおくことは、大昔からありました。 ヒン……もっと読む

【マーケティング】『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』——ジョブを見抜くべし!

モノではなく本質を! 特定の商品に対し、売上を伸ばそうと考えた時、私たちは、2つのレンズでそれを捉えます。 一つは、「プロダクトのレンズ」です。 これは、商品自体に目がいき、この商品をより良くするためには、どうしようとば……もっと読む

【生産】『ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから生み出せる』——競争ではなく、独占を目指そう!

競争ではなく、独占を! ゼロから何かを生み出す時、大切なこといが4つあります。 まずは、「小さく始める」ことです。 最初から競おうとせず、まずは特定の人たちに狙いを定め、その市場を独占します。 そしたら二つ目に「拡……もっと読む

【悩み】『無(最高の状態)』——97%起こらない「心配事」に悩み続ける私たち!

心配事の97%は起こらない! 「心配事の 97%は起こらない」そんな研究があります。 有名なのは、ワイルコーネル医科大学のロバート・ L・リーヒ氏たちが行った調査です。 この調査では、不安症に悩む男女を集め、全員に日々の……もっと読む

【計画】『パラノイアだけが生き残る 時代の転換点をきみはどう見極め、乗り切るのか』——「計画」を立てなら、「消防署の事業計画」を参考に!

業界の競争環境を決める「6つの力」 『競争の戦略』(マイケル・E・ポーター著)には、業界の競争の性質を決める基本原理として、「ポーターの5フォース」が紹介されています。 その5つの力とは、「新規参入の力」「供給業者の力」「顧客……もっと読む

【真実】『空気の研究』——「真実」が「空気」をぶち壊す、唯一の武器!

「空気」とは何か 「空気」が読めない人を、「KW」と言います。 しかしそもそも、ここでいう「空気」とはなんなのでしょうか。 本書では、「空気」は三つの要素によって構成されていると考えられています。 それは、「状況」……もっと読む

【歴史】『銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎』——「環境」が人を強くする!

「銃・病原菌・鉄」は関係ない! 「白人は多くのものを発達させ、ニューギニアに持ち込んだのに、私たちニューギニア人は、自分のものと言えるものがないんですか?」 そんな疑問から始まったのが、本書です。 なぜヨーロッパが、他大……もっと読む

【歴史】『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』——人類が起こした2つの革命「認知革命」「農業革命」

「ホモ・サピエンス」とその他 人類といえば、「ホモ・サピエンス」という認識が一般的です。 ただ7万年に遡れば、そんなことはありません。 「ホモ・サピエンス」以外にも、「ネアンデルタール」や「ホモ・エレクトス」「ホモ・ルド……もっと読む

【目標】『やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』——GRIT(やり抜く力)が全てを解決する!

ピラミッド目標 何かを行動するとき、目標を立ててから始める人も多いのではないでしょうか。 ただ目標といっても、色々な目標の形があり、ただ漠然と目標を立てる人もいれば、将来なりたい自分から逆算的に小さい目標を次々に立てる人もいた……もっと読む

【組織】『なぜ人と組織は変われないのか ハーバード流自己改革の理論と実践』——免疫システムを変えれば、全てが変わる!

免疫マップ 人には、本音と建前があります。 Aという目標を立てても、その実はBという目標が、もうすでに念頭にあったりします。 例えば、部活動で、顧問の先生がもっと生徒たちの意見を取り入れよう、という「改善目標」を立てとし……もっと読む

偉人

偉人

【ゴッホ】弟に養われ続けたフィンセント・ファン・ゴッホ

『ひまわり』『星月夜』『タンギー爺さん』といった名画を描いたフィンセント・ファン・ゴッホ。 彼の絵は生前一枚も売れず、生活はいつも弟のスネをかじっていました。 素晴らしい弟・テオ! ゴッホの絵が、生前、一枚も売れなかった……もっと読む
偉人

【ジョセフ・ベル】鋭すぎた観察眼!

19世紀から20世紀にかけ、ジョセフ・ベルという、お医者さんがいました。 彼の偉業は誰も知りません。 ただ、彼は誰かにすごく似ています。 さて、誰でしょう? ヒント1 彼は医者だけでなく、大学医学校の教授もし……もっと読む
偉人

【カンプラード】IKEAがIKEAであるわけ

行動経済学にはもともと「人間はどうして誘惑に負けてしまうのか」というテーマがあります。 また研究のなかには、「欲求を我慢できる人」ほど所得水準が高い、という研究結果もあります。 もちろん所得水準の高い人がすべて、欲求を我慢でき……もっと読む
偉人

【デミス・ハサビス】夜遅くまで起きるのも悪くない!

初めて囲碁で人間に勝利した「AlphaGo」 その開発者にして、イギリスの人工知能会社DeepMindの創設者、デミス・ハサビス。 デミス・ハサビスの生い立ち デミス・ハサビスさんは、ロンドンで、ギリシャ系と中国系の家庭……もっと読む
偉人

【ベートヴェン】歩きすぎの天才

ドイツの天才作曲家、ピアニストであるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。 交響曲 第5番 ハ短調 作品67「運命」は、知らない人はいない名曲です! 彼の変わった習慣! 音楽室に行き、彼の写真がない、というこ……もっと読む
偉人

【J.K.ローリング】メモの魔力!——『ハリーポッター』は膨大なメモからできた!

歴史上、最も稼いだ小説家、J・K・ローリングさん。 彼女が書いた『ハリーポッター』シリーズは、全世界で4億部以上も売れ、64カ国語に翻訳されました。 逸話 年収180億円、推定資産800億円。 ローリングさんは、ジ……もっと読む
偉人

【クエンティン・タランティーノ】盗みの天才、タランティーノ!

アメリカの映画監督に、クエンティン・タランティーノという人物がいます。 『ジャンゴ 繋がれざる者』『イングロリアス・バスターズ』『ワンス・アポン・ア・タイム』などが代表作です。 「鬼才」と呼ばれる所以 クエンティン・タラ……もっと読む
偉人

【孫正義】孫正義流、アイディアの出し方!

ソフトバンクといえば、孫正義さんです。 ソフトバンクは、スマートフォンはもちろん、インターネットや、固定電話、ロボットなど、我々のライフスタイルを豊かにするアイディアを数々打ち出した会社です。 アルバイトが嫌いな孫さん! ……もっと読む
偉人

【フレミング】遊び過ぎた男!

イギリスの科学者、アレクサンダー・フレミングは、世界初の抗生物質「ペニシリン」を発見した人物です。 1945年にノーベル賞を受賞し、様々な伝染病に対する治療効果を発見しました。 (※左手を使った「フレミングの法則」で有名なのは……もっと読む
偉人

【バルザック】コーヒーを愛しすぎた男!

フランスの小説家の1人に、オノレ・ド・バルザックという人がいます。 彼は、19世紀のフランスを代表する小説家で、アレクサンドル・ディマ(『三銃士』)や、ヴィクトル・ユーゴー(『レ・ミゼラブル』)と並ぶ偉大な小説家の1人です。 ……もっと読む
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました