『クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法』—— 成功には何人もの父親がいるが、失敗は常に孤児である

スポンサーリンク

本日は『クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法』と言う本を紹介していきたいと思います。

こちらの本は
主に「失敗」という概念について考えさせられる内容でした。

何かに挑戦している方
何かに諦めそうになってる方
何か行動を起こすやる気スイッチが探してる方

にお勧めの一冊です。

自分を信じること!

世界五ヵ国の5000人に
「世界で一番クリエイティブな国はどこですか?」
と言う質問をしたところ
「日本」と回答した人がほとんどだったそうです。

ただ、「日本がクリエイティブだ」と回答した人の割合は、日本人が一番低かったそうです。

また、ガンと戦い抜いた人は、病気の前と後で人生観が変わった、という話もあります。
彼らは、人生の目的と意味について深く考え、そして、自分を信じるようになったからです。

本書で一貫している考え方はこうです。
「人間は皆クリエイティブだ!」

75%の人が
「自分はクリエイティブ」と
思っていないそうです。

ですが、そうではありません。
我々は皆、クリエイティブなのです。

クリエイティブ・マインドセットへ第一歩は、「自分を信じること」

自分の創造力を信じることこそが、イノベーションの核心なのです!

失敗のパラドックス

「真の成功基準とは、24時間に詰め込める実験の数だ」

エジソンの言葉です。

天才的な人と凡人を分つのは、「失敗の数」です。

「失敗」を挑戦をやめる口実にするか、どうか。

「失敗」も含め、「全てのものには意味がある」と気が付けるか、どうか。

だからこそ、「自分を信じること」が非常に大切です。

経験豊富なイノベーターは、皆、成功するまでに経験した、たくさんの苦労話を持っています。

そう考えると、「失敗」も、そう悪い事ばかりでもないかもしれません。

ゲームは失敗しても怖くない

なぜ人は、ゲームにあそこまで夢中になれるのでしょうか?
それこそ、ゲームでは「失敗」「負け」と言うものが明確なのにも関わらず。

本書ではその理由を、「どん欲楽観主義」と命名しています。

ゲームには、「少なからぬ成功の望み」と、大勝利の可能性があります。

最初は、簡単なステージから始まり、次のレベル次のレベルと成功を繰り返すうちに、心理状態はひっくり返り、「失敗」なんて目もくれず、自分に自信を持つ状態へと無意識のうちになります。

「大勝利は不可能ではない」
「今すぐ何度でも挑戦したい」
障害を乗り越えるために、すぐに行動したいという、貪欲な欲求がどんどんと生まれ、楽観的になっていく。

それが、我々がゲームに夢中になる理由です。

そしてゲームにはもう一つ、「どん欲楽観主義」を引き起こすトリガーがあります。

それは「失敗することが許されている」ということです。

「刑務所から出られる」カードがあるからモノポリーは楽しいのです。

「囚人」と言うレッテルを貼られることもなく
天下の行動を闊歩でき、好きなところに住むことができる。

このような、「失敗が許される環境」が、我々を挑戦しやすい環境にしているのです。

古い諺に、こんなのがあります。
「成功には何人もの父親がいるが、失敗は常に孤児である」

我々は、この「失敗」という恐怖を乗り越えなければならないのです。

まとめ

「自分を信じ、失敗を恐れず、挑戦し続ける」
と言うのが、今回の内容でした。

とまぁ、
そんなの「わかっちゃいるけど、やめられない」
と言うのが、我々人類です。

ですので、今回はそのための簡単な解決策を提示します。

それは、「『挑戦』を『実験』と考えること」です!

「挑戦」というと、少し大変なイメージがありますが、
「実験」というと、少しハードルが下がった気がしませんか?

我々は行動を起こすまでに、色々と考えてしまいます。

何か行動を起こす時、人は合理的な理由を求めます。
しかし、合理的が過ぎれば、結局人は何もしません。

どんな行動にも、人が起こす行動には必ずマイナスがあり、そしてそのマイナスを気にし過ぎれば、大きなプラスを得ることはできません。

「マイナスを減らすか」
「プラスを取るか」

何か行動を起こそうと思い深く考え込んでしまう人は、
「挑戦」を「実験」だと考え、
とりあえず、「マイナス」なことをしてみよう
と軽い気持ちでやってみるのもいいかもしれません。

大丈夫です。
実験で「マイナス」が出ても
研究はまだ終わりではありません。

次はそのマイナスを「プラス」に変えるための実験をすればいいのです。

いつか出る、大きな「プラス」のために。

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法
ある調査では、「自分はクリエイティブではない」と思っている人は75%にも上る。̆...
書物
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました