[税金] 住宅ローン控除 —— 誰でもできる税金の逃れ方!

スポンサーリンク

誰でもできる、節税の方法として、
住宅借入金等特別控除、通称「住宅ローン控除」というものがあります。

これは、
「ローンを組んで家を買うと、ローンの残高の1%分を還付する」というものです。

例えば、5000万円のローンを組んでマンションを購入した場合。

その1%、つまり、50万円の税金が安くなる、ということです。

所得税が30万円で、控除額の50万円が20万円余ったら、住民税から、残りの20万円を引くことになります。

※控除額の最大は、400万円までとなっています。

この還付は、もともと、10年間続くものでしたが、
2021年の増税の特例で、「13年間」に伸びました。

このような控除の存在によって、
「持ち家」の方が不利だとも言えるかもしれません。

(追伸〜還付減るらしいです〜)

この控除の「1%の還付」が、減るそうです。

ただ、還付が1%から0.7%になるだけで、もしかしたら、「13年間」という期間が伸びるだけで控除額は、変わらない、という計算になるのかもしれません。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

なぜこのようになるのかというと

1%控除だと、もともと支払わなくてはならない金利より、大きくなってしまうというパターンが、実例として8割以上を占めているからだそうです。

そのため、控除の割合を減らしました。

ですが、控除額を減らしすぎて、家を立てる人がいなくてなってしまうと、景気後退に繋がってしまう。

だから、継続年数を増やし、合計控除額は変わらないようにしたのが、この政策です。

本日の名言

「貧困とは、礼儀作法の教師なり」
——アンディファネス(ギリシャの中喜劇作家)

※中喜劇
 ●ギリシアの喜劇
 ●古喜劇から新喜劇への移行期にあたり,古喜劇の政治風刺や個人攻撃がほとんどなくなり,神話のもじりや日常生活の写実的描写が中心。

(参考文献)

お金
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました