【北欧神話】アース神族とヴァン神族の戦い —— 北欧神話の魔法「セイズ」

スポンサーリンク

アース神族とヴァン神族

北欧神話に登場する神様たちは、アース親族とヴァン神族の2つに分かれます。

両者は、住む場所も、祖とする神も異なります。また、ヴァン神族は、巨人族とも混同されがちで、神様というより、妖精や魔法に近い種族だと言われています。

争い続ける神族

また、両神族は、たがいに反目し、戦争をしていました。その争いの原因の一つが、「セイズ」です。

セイズは、一種の魔法のことです。薬草や小道具を使うことで、トランス状となり、神と交信する、といったものです。

この魔法により、神々は予言を手にしていました。日本でいうところの卑弥呼が、これに近いです。

そして、このセイズを行なっていたのが、ヴァン神族のグルヴェイグです。グルヴェイグはセイズを使うことで、アース神族を惑わしていたのです。

グルヴェイグの処刑

当然、アース親族もそのことに気がつき、グルヴェイグを槍で貫き、三度焼くことにしました。

しかし巫女様ですので、彼女はその度に復活しました。

そこで、アース神族たちは、セイズによる「悪事」や、グルヴェイグのことで憤り、ヴァン神族に宣戦布告をしました。

人質交換

ここで少し余談になりますが、グルヴェイグについてです。

実は、グルヴェイグは単なる魔女ではなく、ヴァン神族の女神フレイヤであったともいわれています。もしくは、巫女がトランスしたのは、フレイヤであったとも。

話を戻します。

その後も、アース神族とヴァン神族は激しく戦いました。

しかし、やがて両族は、争いをやめ、人質を交換することで手を打つことにしました。

ヴァン神族からはニョルズと、その双子の子であるフレイ(兄)とフレイヤ(妹)を送ります。一方、アース神族からはヘーニルとミーミルが送られます。

アース親族に送られた、ニョルズとフレイ、フレイヤは、優れた神としてアース神族でも、すぐに受け入れられました。

しかし、ヴァン神族に送られたへーミルは違います。

知恵の泉を守っていたミーミルは、当然、有能でした。ただ、もう片方のヘーニルがそうではありませんでした。

へーニルは至って、凡庸だったのです。

使い物にならないへーニルを指導者にすえようとしたことに、ヴァン神族は怒り、へーニルではなく、有能なミーミルを殺してしまいます。

ミーミルはなんと、首を切断され、アース神族の元に送り返されてしまったのです。

おわり

ミーミルの甥であり、ミーミルの賢さを誰よりも知っているオーディン。

彼は、魔法でミーミルを生き返らせ、薬草で防腐処置を施しました。

その後、オーディンは、ミーミルの首を自分のそばに置き、助言者として、常に自分の側に置くようにしました。

ボーナストリビア:死と復活の神話

何度殺されても生き返るグルヴェイグのように、死と復活を繰り返す神話は、世界中にたくさんあります。

そしてその死と再生サイクルは、豊穣、つまり稲作にも通じています。

「槍で貫かれる」とは、農具で畑を耕すこと。「焼かれても復活する」とは、秋に収穫し、枯れてしまっても、また春に芽を吹くこと。

死と再生は、このような例えとして、考えることができます。

また他の神話、例えばギリシャ神話でも、この死と再生の物語があります。

豊穣神「デーメーテール」は、ある日、娘「ペルセポネ」を、冥界の王「ハーデス」に見初められ、冥界へと拉致されてしまいます。そして、冥界へ拉致されたペルセポネと妻となったのです。

そして、最愛の娘を失ったデーメーテールは大神「ゼウス」に、このことを相談します。ゼウスは、このことに嘆き悲しみ、ペルセポネを彼の元に戻すように訴えます。

ゼウスの頼みですから、ハーデスは従うしかありません。

しかし、ハーデースはここで、一計を案じます。なんと、ペルセポネに冥界の果実を食べさせたのです。

ギリシャ神話では、冥界の果実の食べたものは、冥界にとどまらなければならない、というルールがあります。これにより、ペルセポネは、冥界から離れることができなくなってしまったのです。

ただ、ペルセポネが食べた果実は、その実の三分の一。つまり、冥界にいるのも、一年の三分の一(4ヶ月)、ということなったのでした。

これは、ある意味、「死と再生」のサイクルにあるといえます。

(参考)

いちばんわかりやすい 北欧神話 (じっぴコンパクト新書)
今から約2000年前、北欧の国々で信仰されていた多くの神々、主神オーディン&...
図解 北欧神話 F‐Files
主神オーディンと悪神ロキ、戦乙女ヴァルキュリャや大蛇ヨルムンガンドたちの織&...
物語北欧神話 上
霧と炎が支配する世界に巨人と神々が生まれた。彼らは定められた滅びへと突き進んでゆく――断片的な詩や散文からなる複雑な北欧神話を現代ファンタジーの巨匠が再話。後の創作物に多大な影響を与えた神々の物語がよみがえる。 ◇◆目次 上巻◆◇ 序文 北欧神話の神々 始まりの前と、それから ユグドラシルと九つの世界 ミーミルの首とオ……もっと読む
知識神話
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました