【北欧神話】我らは皆、ヘイムダルの子ら! —— 「すべての貴い氏族、身分の高下を問わず、ヘイムダルの子らによく聴いてもらいたい」

スポンサーリンク

本日は、アース神族の見張り役「ヘイムダル」を紹介します。

光の神・ヘイムダル

ヘイムダルは、オーディンの息子です。

より具体的には、オーディンと9人の「波の乙女」の間から生まれました。(九人の女性から一人の神様がどうやって生まれたかは、皆さんの想像に任せます!)

容姿は、とても美しいものでした。純白の肌に、金の歯を持っており、別名「白いアース」と呼ばれていたほどです。

そんなヘイムダルの主なお仕事は、見張り番。

世界樹ユグドラシルの上層と中層を繋ぐ橋を見張っていたのです。この橋は、虹の橋「ビフロスト」と呼ばれており、ヘイムダルは巨人たちから、この橋を守っていました。

そしてもしも巨人が襲来しにきた時は、「ギャラルホルン」という角笛を吹き鳴らします。

さらに注目すべきは、彼のハイスペックな体です。

ヘイムダルは、超ショートスリーパー。ほとんど寝ません。そして、夜でも昼でも160キロ先まで見通すことができます。それから、聴覚も化け物です。草が成長する音や、羊の毛が伸びる音まで聞き取れたと言われています。

(※ヘイムダルは、この超人的な能力を手にするために、ミーミルに片耳を捧げました)

3つの階級

ある時のことです。

ヘイムダルは、「リーグ(※)」と名乗り、人間界へと舞い降ります。

(※アイルランド語で「王」を意味する)

最初、リーグは、「アーイ」と「エッダ」の貧しい老夫婦が住む家に三夜泊まらせてもらいます。

それから、リーグは「スレール(奴隷)」と「スイール(下女)」を作るように、助言をします。

やがて、エッダはスレールという子を産み、スレールはスィールという 妻を迎え、大勢の子をもうけました。

「奴隷」の始まりです。

次に、リーグは、「アヴィ」と「アンマ」の凡庸な夫婦が住む家に、泊まります。そしてそこでも、リーグは、助言をします。

やがて、アンマは「カルル」を産み、カルルは「スネール」を娶(めと)ります。 カルルは「自由農民」、スネールは「嫁」を意味します。

「農民」の始まりです。

最後、リーグは「ファジル」と「モージル」という金持ちが住む家にやっかいになります。そして、リーグは三度(みたび)、助言をします。

やがて、モージルが「ヤルル」を産み、ヤルルは「エルナ」を妻とします。

ヤルルは「貴族」、エルナは「器用な女」の意味します。

「貴族」の始まりです。

おわり

こうして、ヘイムダルは人間界に3つの階級を作ったのでした。

このことから、ヘイムダルは「人類の祖先神」とされ、巫女の予言では、人類は「ヘイムダルの子ら」と呼ばれています。

ボーナストリビア:ヘイムダルの宿敵「ロキ」

ヘイムダルとロキは、犬猿の仲です。理由は不明ですが、とにかく両者は、宿敵の関係にあります。

例えば、フレイヤの首飾り(ブリーシング)が盗まれた時のことです。

犯人はロキであると知ったヘイムダルは、首飾りを取り返すために、ロキと戦います。

彼らは、なんと、互いにアザラシに変身して戦ったといいます。(斬新!)

そして何と言っても、最終戦争「ラグナロク」!

この戦いで、ヘイムダルは、ロキと決着を果たします。

ヘイムダルは、なんとか、ロキを倒します。しかし、自分も死ぬことになります。相打ちです。

最後の最後まで、ライバル同士であったヘイムダルとロキ。美形で万能なヘイムダルと、悪戯好きのロキ。これはまるで、かの有名な『NARUTO』に登場する、サスケとナルトの関係に、近いものを感じます。

(参考)

いちばんわかりやすい 北欧神話 (じっぴコンパクト新書)
今から約2000年前、北欧の国々で信仰されていた多くの神々、主神オーディン&...
図解 北欧神話 F‐Files
主神オーディンと悪神ロキ、戦乙女ヴァルキュリャや大蛇ヨルムンガンドたちの織&...
物語北欧神話 上
霧と炎が支配する世界に巨人と神々が生まれた。彼らは定められた滅びへと突き進んでゆく――断片的な詩や散文からなる複雑な北欧神話を現代ファンタジーの巨匠が再話。後の創作物に多大な影響を与えた神々の物語がよみがえる。 ◇◆目次 上巻◆◇ 序文 北欧神話の神々 始まりの前と、それから ユグドラシルと九つの世界 ミーミルの首とオ……もっと読む
知識神話
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました