【旧約聖書㉞】新たな世代 〜 「神が戦ってくださっている!」

スポンサーリンク

誰も信じられない世界

時は流れ、民たちの世代も入れ替わります。

そして少しずつ、またカナンの地へと近づいてきました。

ただ、アモリ人が住む地方を通るとき、あるトラブルが起こります。

戦の始まり

当時、まだ「盗んではいけない」「人を殺してはいけない」「嘘をついてはいけない」といった、考え方はありませんでした。

それよりか、むしろこれらの考え方は逆に捉えられていたのです。

そして、これは自民族内でもそうですから、他民族は言わずもがなです。

つまり、見ず知らずの人たちが「何も盗みませんので、ただこの地を通らせてください」といっても、信じられなかったのです。

現に、モーセたちが、アモリの王・シホンに、「この土地を突っ切らせて欲しい」というと、シホンはつかさず軍を招集し、イスラエル人たちを攻撃しました。

当然モーセたちも黙ってやられるはずもなく、反撃に出ました。

すると、神の力でも働いたのか、アモリ人たちを全滅させ、この地を占領したのでした。

争いにハマる

そして、ここからモーセたちは、ますます戦をするようになります。

バシャンという地の王・オグを倒し、その地を占領したり、それから、ミディアン人が住むシティムという場所で、5人の王様を殺したりしました。

しかも、このどの戦でも、イスラエル軍は誰一人、欠けることがなかったのです。

おわり

戦士をはじめとする民たちは、このような状況を受け、「神が戦ってくださったおかげだ」と思うようになりました。

そして、皆、自ら進んで神に捧げ物をするようになったのです。

イスラエルの民は、反抗ばかりの先代とは打って変わり、純粋に神を敬う世代へとなっていったのです。

ボーナストリビア:

今回のように、戦いや争いが、秩序や連結を高めることがあります。

そして、その名残は末代まで受け継がれていくことが多々あります。

例えば、日本の「前ならえ!」や「気をつけ、礼!」といった小中高の掛け声は、どれも第二次世界大戦前からの名残です。

つまり、軍隊で行われていた挨拶が、今でも行われているというわけです。

昔は、この一連の動作を持って、軍の熟練度を高めていました。

一方、現代はこの一連の動作を持って、日本人としての真面目さ、忠実さを身につけさせようとしています。

「日本人は勤勉だ」といわれる由縁は、このような文化にあるのかもしれません。

知識神話
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました