【旧約聖書㊳】ギブオンの奴隷 〜 「嘘つきは奴隷にしてしまえ!」

スポンサーリンク

ギブオンの街

エリコからそう遠くない街「ギブオン」では、町中が大混乱に陥っていました。

「イスラエルの民が迫ってくる!」

「次は私たちの番だ!」

そして、そんな自分たちをなんとかしようと、ある策を練りました。

旅の一団

ヨシュアたちが宿営していると、ある一団が通りかかりました。

彼ら、服がボロボロの、見るからに貧しい旅人といった風体でした。

そして、イスラエルの民が眉をひそめていると、旅人たちは言いました。

「私たちはイスラエルの神のことを聞き、遠い国からやってきた者です。ぜひ、私たちと同盟を結んでいただきたい!」

ヨシュアは、彼らの疲れ切った言葉や姿を見て、信用しました。

そして、神の名の下に同盟を受け入れました。

嘘つきの民

しかし、数日後、ある事実が判明します。

彼らは、遠い国の人ではなく、すぐ近くのギブオンという街に住む住民だったのです。

イスラエルの民からは当然、多くの不満があがりました。

しかし、一度、神の名の下に誓ってしまった約束です。そう易々と破ることはできません。

そこで上がった提案が、「彼らを奴隷にしよう」というものです。

神への恐れ

ヨシュアは、ギブオンの民たちに、嘘をついた理由を問い詰めました。

ギブオンの人々は、恐れ慄きながら答えます。

「私たちは、神がカナンの地すべてをあなた方に与えたと聞きました。私たちは、それが恐ろしくて仕方なかったのです」

「どうか、お気に召すままに私たち使って下さい」

おわり

こうして、ギブオンの人々は、イラエルの奴隷となることで、生き延びました。

そしてやがて、ギブオンの民は、イスラエルの民と同化していくようになります。

ボーナストリビア:ロバと飼い主

今回の物語を受けて、「奴隷なんて不幸だ」「かわいそう」と思われたかもしれません。

しかし、違う見方をすることもできます。

話は変わりまして、イソップ童話に『ロバと飼い主』というお話があります。

この物語は、「奴隷の主人公が新しい主人へと移るたびに、前の主人の方がよかったと思う」という物語です。

主人公は動物のロバ。

ロバは最初、植木屋で飼われていました。

一日中、庭で働かされているにもかかわらず、餌の量は少ない。

割に合わないと感じたロバは神様にお願いしました。「どうか新しい主人を!」

次の日、ロバは陶芸家へと売られました。

しかし、仕事は過酷なものでした。餌は増えたが、一日中レンガを運ばなくちゃならない。

「これなら前の主人の方がマシだ!」

ロバは神様にお願いしました。

「どうか違うところに、お願いします!」

翌日、ロバは皮なめし職人へ売られました。

彼はロバをつるして、殺して、皮をはいで、一束のサンダルにしてしまいました。

■おわり

この物語の教訓は、「不安な人はどこにいっても幸せを見つけにくい」ということです。

奴隷になったから不幸なわけではありません。幸せを見つけられないから、不幸なのだと。

生まれる場所や先天的な能力は操れません。

しかし、幸せを見つける努力は誰にでもできることです。

幸せを求めるのではなく、幸せを見つけていく生き方。

それこそが「幸せな人生」といえるのです。

(参考)

こども聖書 | 鈴木 秀子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで鈴木 秀子のこども聖書。アマゾンならポイント還元本が多数。鈴木 秀子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またこども聖書もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
文庫 声に出して読みたい旧約聖書 (草思社文庫) | 齋藤 孝 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで齋藤 孝の文庫 声に出して読みたい旧約聖書 (草思社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。齋藤 孝作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また文庫 声に出して読みたい旧約聖書 (草思社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
この一冊で「聖書」がわかる!: 旧約、新約のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教まで (知的生きかた文庫) | 白取 春彦 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで白取 春彦のこの一冊で「聖書」がわかる!: 旧約、新約のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教まで (知的生きかた文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。白取 春彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またこの一冊で「聖書」がわかる!: 旧約、新約のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イ……もっと読む
知識神話
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました