「億万長者入門」—— 彼らはどんな思考で生きているのだろうか

スポンサーリンク

今回は「億万長者」について書いていこうと思います。

「億万長者」「ミリオネア」「大富豪」

同じ人間でも、それぞれ持っているお金の量は違い、そしてその量によって、その人の呼ばれ方も違います。

彼らと我々の違いはなんなのでしょうか。

今回はそんなお話です。

(参考文献)

現代の消費社会

この20年間で最も大きな変化は、個人と個人が簡単に繋がれる「パーソナルテクノロジーの普及」です。

そして、現代のマーケティングは、このパーソナルテクノロジーをうまく使っています。

「あなたのオススメ」や「関連商品」などを知らせる通知や、その商品を使っている有名人が写っている画像など。

これらのテクノロジーが、我々の注意力を低下させ、その結果、多くのお金が湯水のように、そこに流れていきます。

とある博士はこんなことを言っています。
「米国ではほんとに優秀な人物は国務省では働かない。医学研究所でも働かない。本当に優秀な人はマーケティング分野の仕事をしている」(ビル・ダーデン博士)

頭のいい人たちは、どんどんマーケティングの分野に知恵を絞り、ますます我々の消費を加速させていく。

これが、現代の消費社会です。

「脱SNS」が第一歩

こんな現状を打破するにはどうすればいいのでしょうか。

『「その後」となりの億万長者』という本によると、
億万長者には7つの原則があり、その1つが
「見栄よりも自立することが優先」
ということだそうです。

簡単に言うと、「他人の目を気にしない」ということです。

お金持ちは、他人から「おしゃれ」「すごい」などと反応されたいがためだけに、お金を使いません。

億万長者の70%は「倹約家」だと言います。
「億万長者」は、「億万を長い間持ち続ける者」のことを言うのです。

だから、彼らは、「蓄財と管理を守ること」を第一主義においています。

そして、そんなことを彼らに可能にさせているのは、「脱SNS」です。

昔は、周りの目線は、「外の世界」のお話でしたが、
今は、家の中にいても、他人の目線が気になるようになりました。

その大きな原因は、SNSだと思います。

『「その後の」となりの億万長者』によると、
一週間あたりに、ソーシャルメディアに充てる時間は
億万長者が「2.5時間」
平均米国人が「14時間」
だそうです。

桁が違います。

まずは、「トイレに入ったら、とりあえずInstagram」という習慣をやめる。

ここから初めてみるのはいかがでしょうか。

最後に

今回は「億万長者」についての内容でしたが、別に国民全員が「億万長者」になるべきだ、などとは全然考えていません。

「お金」は「貯めること」と同じくらい、「使うこと」も大切だと考えているからです。

億万長者になれたからといって、死後の世界、天国でもずっと「億万長者」でいられるわけではありません。

結局、「億万長者」だろうが「万千長者」だろうが、「お金の額」には大した意味はない、と考えています。

『フォトレスト・ガンプ / 一期一会』と言う映画で、母親が息子にこんなことを言いました。

「人間が必要な財産はちょっとでいい。あとは見栄のためにあるのよ」

先ほど、億万長者の原則のところで「見栄よりも自立することが優先」と書きましたが、
もしかしたら、彼らにとって「お金を持っていること」自体が、最高の「見栄」なのかもしれません。
だから、もうそれ以外の見栄をする必要がなく、「周りの目線を気にしない」でいられるのかもしれません。

つまり、「億万長者」こそが、最高の「見栄っぱり」と、言えるかもしれません。

戯言ですが。

ですが、億万長者だろうが、なんだろうが、とにかく大切なのは、「幸せなこと」「楽しいこと」だと思います。

人生、楽しければそれでいいのです。

No Happy , No Life !

そこに貴賎はありません。

(参考文献)

書物
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました