【北欧神話】ユグドラシル —— 9つの世界と3つの泉

スポンサーリンク

本日は、世界を支える大樹「ユグドラシル」について扱います。

木の上にある世界

世界は、巨大なセイヨウトネリコの木の上にありました。

その名前は、「ユグドラシル」。「ユグの馬」を意味する言葉で、「ユグ」は「オーディン」の別名です。

構造は、大きく三層構造で、上層・中層・下層にそれぞれ3つの世界があります。

上層:神と妖精の世界

まず、上層にある3つの世界を紹介します。

上層には主に、神と妖精の二つの種族が暮らしています。

一つ目の世界は、神の中でも、アース神族が住む「アスガルド」。

もう一つの世界は、ヴァン神族が住む「ヴァナヘイム」です。

そして、最後、妖精が住む世界が「アレフガルド」です。

ここで、妖精について少し補足をします。

妖精とは、つまりエルフのことです。エルフは、神より一つ、格下の存在です。

では、なぜ神が住む最上層に、神ではない妖精がいるのでしょうか?

理由は簡単で、支配者の通勤が楽だからです。

妖精たちを束ねているのは、豊穣の神「フレイ」です。フレイは当然、神ですから、神々の国に住んでいます。

ですので、両者の国を行ったり来たりする上で、妖精の国は、同じ階層にある方が便利。というわけです。

中層:巨人と人間の世界

続いて、中層にある3つの世界についてです。

中層に住むのは主に、巨人と人間です。

もともと、ユミルをはじめとする「霜の巨人」たちは、神話において、立派な神として扱われていました。

しかし、オーディンをはじめとする神々と敵対してしまった巨人たちは、神々と同じ層ではなく、この中層に住むことになりました。

そんな巨人たちのいる世界が「ヨトゥンヘイム」です。

また、巨人とは別に、神々によって作られた「人間」もまた、この中層に住んでいました。世界の名は「ミッドガルド」です。

ミッドガルドは、海に囲まれており、そこには「ヨルムンガンド」と呼ばれる大蛇が全体を取り囲むように、とぐろを巻いていました。

そして最後、もう一つの世界に生息しているのは、スヴァルトアールヴ、通称「ドワーフ」です。世界の名前は、「スヴァルトアールヴヘイム」。

以上、中層には、この3つの種族が存在します。

また、ちなみに、上層と中層は、虹の橋「ビフロスト」によって、繋がっています。ここには、ヘイムダルという神様がおり、巨人が攻め込んでこないよう見張りをしています。

下層:

最後に、下層についてです。

下層は「ニヴルヘイム」「ヘルヘイム」「ムスペルヘイム」の3つの世界が存在します。

灼熱の世界「ムスペルヘイム」と極寒の世界「ニヴルヘイム」については、前回の記事で紹介した通りで、オーディンたちが生まれる以前から存在していた世界です。

そして、「ヘルヘイム」は別名「死者の国」。この世界は、ロキの娘、ヘルがその管理を任されました。

3つの泉

ユグドラシルには、これら9つの世界の他に、3つの泉があります。

最後に、その3つを紹介して、終わりにします。

一つ目の泉は、知恵の泉「ミーミル」です。

この泉は、ちょうど、ユグドラシルの根っこが、巨人たちの世界「ヨトゥンヘイム」に伸びているところにあります。この泉は、巨人ミーミルが管理しており、オーディンがこの知恵を得る代償に片目を差し出した話が有名です。

二つ目の泉は、浄化と生命力をもつ「ウルズ」の泉です。

この泉は、アスガルドの方角にある根っこのところにあります。管理しているのは、ノルンの三姉妹で、おもに「ウルズ」が管理していました。

※3人姉妹で,名をそれぞれウルズ (過去) ,ベルザンディ (現在) ,スクルド (未来)という。 彼女たちは、ユグドラシルに絶えず水をやり、世界樹を枯らさないようにしていました。

そして最後の泉は、「フヴェルゲルミル」です。この泉は、「ニーズヘッグ(※)」のすみかで、極寒の国「ニヴルヘイム」の凍った川の源泉にもなっています。

※「おわり」を参照

おわり

以上、ユグドラシルには、9つの世界と、3つの泉があります。

そして、そのすべてがラグナロクによって壊れ、現代の私たちの世界が築かれていったわけですが。

そんな中、ユグドラシルの根である「ニーズヘッグ(怪蛇)」は、生き残りました。ラグナロクの際に、空に舞い上がることで、生き延びたのだとか。

蛇を神や怪異、龍などと結びつける文化は、どこか日本に似たところがありますね。

ボーナストリビア:下層に境界はない!

下層に存在する世界は、他の層にある世界と違い、境界がありません。

というのも、「ニヴルヘイム」に行こうと、「ムスペルヘイム」に行こうと、どちらも地獄のような熱さや、地獄のような寒さが待っているからです。

その熱さや寒さは、その土地で生まれた者以外では、生息することができない環境となっています。

有名なのは、「ニヴルヘイム」で生まれた、炎の巨人「スルト」です。

スルトは、最終戦争「ラグナロク」でアスガルドにまで攻め込みました。そして、最後、手にした炎の剣をユグドラシルに投げつけ、世界をそのまま滅ぼしてしまったのです。

(参考)

いちばんわかりやすい 北欧神話 (じっぴコンパクト新書)
今から約2000年前、北欧の国々で信仰されていた多くの神々、主神オーディン&...
図解 北欧神話 F‐Files
主神オーディンと悪神ロキ、戦乙女ヴァルキュリャや大蛇ヨルムンガンドたちの織&...
物語北欧神話 上
霧と炎が支配する世界に巨人と神々が生まれた。彼らは定められた滅びへと突き進んでゆく――断片的な詩や散文からなる複雑な北欧神話を現代ファンタジーの巨匠が再話。後の創作物に多大な影響を与えた神々の物語がよみがえる。 ◇◆目次 上巻◆◇ 序文 北欧神話の神々 始まりの前と、それから ユグドラシルと九つの世界 ミーミルの首とオ……もっと読む
知識
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました