【アーネスト・ヘミングウェイ】ヘミングウェイは立ちながら小説を書く!

スポンサーリンク



話題のビジネス書を1冊10分に要約!flier(フライヤー)

簡潔な男・ヘミングウェイ

アーネスト・ヘミングウェイは1954年に『老人と海』でノーベル文学賞受賞したアメリカの小説家です。

彼の作品は他にも『誰がために鐘がなる』『日はまた昇る』『武器よさらば』などが有名です。

そんな彼の小説で特に特徴的なのが、「描写を簡潔にする」ところです。

主人公の感情も、コリに凝った修飾語も使いません。

短い文章で、ただ客観的な事実だけ書く。そんなドライな文章が彼の魅力の一つです。

「立つ」習慣

1954年、『パリスレビュー』という雑誌の記者が、ヘミングウェイに取材するため、自宅を訪問した時のことです。

そこで記者が発見したのは、タイプライターの乗ったスタンディングデスクでした。

ヘミングウェイは小説を、立って書く習慣があったのです。

なぜこのような執筆スタイルをとっていたのか。

それはまさしく、「短く簡潔な文体を追求するためだ」と彼は言いました。

座って書いていると、どうして一文がのんびりとしてしまう。

だから、彼はスタンディングデスクを使い、片足で立ったりしながら小説を書いていたのです。

「立つ」天才はたくさんいる!

『クリスマス・キャロル』『オリバー・ツイスト』などを書いたイギリスの小説家、チャールズ・ディケンズも立って書く習慣を持っていました。

また小説以外の分野でも。

「第二次世界大戦」で連合国を勝利に導いたイギリスの首相、ウィンストン・チャーチルも度々、立って働いていたと言います。

イギリスが行った研究では、スタンディングデスクを使うことで、集中力が増し、疲労感が少なく、1日の作業時間が1時間短縮されたという結果が出ています。

またその他の研究でも、立って働くことには、脳の活性化と、集中力向上が確認されており、また、動脈硬化や心筋梗塞、そしてガンが発生するリスクも低下すると言われています。

もちろん、仕事中に余計なことをせず、最短で作業を終えられることが何よりも大きい効果です。

みなさんも一度、ヘミングウェイになってみるのはいかがですか?(ぼくはいつもヘミングウェイ・スタイルです!)



おまけ:『老人と海』のストーリー

一人の老人がいました。

彼は腕のいい漁師でした。

しかし、数ヶ月ほど不漁が続き、漁師仲間からバカにされます。

そこで彼は、遠い海に二日をかけていき、700キロもの巨大なカジキを捕らえることに成功します。

ところが、帰る途中、サメの群れに襲撃を受けてしまいます。

カジキを狙うサメと、壮絶な戦いを繰り広げる老人。

「A man is not made for defeat…… a man can be destroyed but not defeated.(人間は負けるために造られた存在ではない。破滅しても、負けはしないんだ)」

サメとの戦いを抜け、なんとか家にたどり着く老人。

ただ彼に残っていたのは、カジキの頭と骨だけでした。

疲れ果てた老人はやがて深い眠りにつきます。




この作品にはさまざまなものが投影されています。

なかでも老人の生き様には、現実世界で生きる我々の苦悩と重なるところが、多いのではないのでしょうか?

老人が暗い海の中で、ただ一人、死闘を繰り広げる。

漁師仲間に笑いものにされ、それでもと発起してやっと得たチャンス。

だが、そのチャンスもクジラによって再び水泡に帰すことに。

それでも、彼は「人間は負けるように造られてはいない」と叫ぶ。

ぼくたちはそんな老人の生き様から何を学べるのでしょうか。






話題のビジネス書を1冊10分に要約!flier(フライヤー)



余談になりますが、ヨルシカさんの曲に『老人と海』という作品があります。

ぼくも大好きなアーティストなので、ぜひみなさんも聴いてみてください。

偉人
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました