[毎日考える] 第1回 名言10本トレーニング —— はだかにて 生まれてきたに 何不足

スポンサーリンク

僕の趣味の一つに、名言を調べるというものがあります。
名言を調べ、ノートに書き殴り、それを見ながら、牛乳を片手にニヤニヤするというのが、中学生の頃からの楽しみです。

名言を読むのは、タイムカプセルを開けているみたいで本当に楽しい。

また、ドヤ顔で、
「ソクラテスは言いました。〇〇であると」
みたいな感じで知識をひけらかすのも気持ちのいいものです。

ですが、名言の良いところは、これらだけではありません。

頭が良くなることが何よりもメリットだと僕は思います。

もちろん名言を読んだからと言って、偏差値が70を超えるわけではありません。
逆転合格をご所望の方はどうぞ、受験の天王山をひたすら登り続けてください。

名言が我々にもたらす「頭が良くなる」というのは、「自分で考える力」が身に付くということです。

人生は答えのなき山です。

人によって場所も大きさも異なり、たとえ同じ山でも、スタート地点が異なります。

そんな中で遭難をせずにどうやって生きていけばいいのか。

それを教えてくれうのが「名言」です。

「頂上まで登る必要があるのか」
「隣の山と比較することに意味があるのか」
「頂上付近からスタートした人たちを羨むことに、意味があるのか」

名言は「生き方」を示してくれるコンパスです。

皆さんにとってのコンパスがを見つけて頂けたら、名言オタクの冥利につきます。

本日は最初ということで、いろいろな国のことわざを紹介しようと思います。
ぜひ楽しんでいってください。



本日の名言

人間にとっていちばん怖いのは人間だ

——ドイツのことわざ

自惚れと瘡気のない者はいない

——日本のことわざ

※瘡気……「かさけ」と読みます。梅毒のことを指し、性病の一種です。薬のなかった時代、この病気に悩まされる人がたくさんいました。

感情

聞くに早く 語るに遅く 怒るに遅かれ

——イギリスのことわざ

女が困ったというときは 道ならぬ享楽を求めている

——フランスのことわざ

死の恐怖は死そのものよりも怖い

——ラテンのことわざ



死は人の声を籍(か)さず

——スペインのことわざ



悪人は善人を装った時がいちばん悪い

——ドイツのことわざ



千金で死を免れ 百金でおかまいなし

——中国のことわざ



善と悪

善と悪の住むところ それが都市

——ヒンドゥーのことわざ



文化

ほかのことはみんな忘れ去っても 覚えているもの それがカルチャーだ

——イギリスのことわざ



最後までお読みいただき、ありあとうございました。

また明日お楽しみに。

名言
スポンサーリンク
AichiLog
タイトルとURLをコピーしました